効率的な
プロジェクト管理で
利益を最大化

OBPMneo

国内で唯一PMBOKに準拠した
プロジェクト管理ツール

PC
##

プロジェクト管理ツール
OBPMNeoサービスご紹介資料

ダウンロードする

##

プロジェクト管理ツール
サービスご紹介資料

ダウンロードする

導入企業

RISoftware
I-SiTE
IDS
アイテック阪急阪神株式会社
ISI SOftWare
IPS
AGREX
アロートラスト
infosense
Intelligent Wave
UCHIDA
AGS株式会社
Ace Systems
株式会社エイチ・エル・シー
Sg systems
NDI SOLUTIONS LTD.
ENERES
nnc
AUCNET
岡谷システム株式会社
OPTAGE
kawamura
KJS株式会社
CSC
株式会社コンピュータマネジメント
sanwa systems
SYSTEM ALPHA
JMA SYSTEMS Corporation
JBCC
株式会社CACオルビス
ga
SuperStream
株式会社セイノー情報サービス
SENKO Information System
株式会社タダノシステムズ
株式会社DACS
第一環境株式会社
DTS インサイト
DTS WEST
株式会社テスク
TDCSOFT
tokan
TOGIS
TOYOTA connected
NIKKO
日新火災
日本インフォメーション株式会社
NEXTOP
NEXTVISION
FUJIFILM
BroadLeaf
Benic
HCS
マイクロテクノロジー
株式会社 ミライト情報システム
村田機械株式会社
株式会社メイテツコム
wiseman
YDC
LATTICE TECHNOLOGY
TAMADIC
ミツイワ情報株式会社
PASONA
さくらケーシーエス
UNIRITA
Lequios soft Inc.
renosy

導入事例

RISoftware
I-SiTE
IDS
アイテック阪急阪神株式会社
ISI SOftWare
IPS
AGREX
アロートラスト
infosense
Intelligent Wave
UCHIDA
AGS株式会社
Ace Systems
株式会社エイチ・エル・シー
Sg systems
NDI SOLUTIONS LTD.
ENERES
nnc
AUCNET
岡谷システム株式会社
OPTAGE
kawamura
KJS株式会社
CSC
株式会社コンピュータマネジメント
sanwa systems
SYSTEM ALPHA
JMA SYSTEMS Corporation
JBCC
株式会社CACオルビス
ga
SuperStream
株式会社セイノー情報サービス
SENKO Information System
hubspot-logo
株式会社タダノシステムズ
株式会社DACS
第一環境株式会社
DTS インサイト

吹き出し こんなプロジェクトの
課題ありませんか?

よくあるプロジェクトの課題

  • 昨日まで進捗順調に見えていたのに、
    突然赤字に
  • 振り返ってみるともっと利益出せたはずなのに、
    余計な要員が割かれていた
  • 同じ内容を何度も重複登録し
    報告しなくてはならない
  • 複数プロジェクトの集計が大変で、
    全社的な状況がわからない
  • 毎月の締め処理に間に合わせるため、
    月末月初は遅くまで残業

OBPM Neoなら解決!

  • リアルタイムにコストを見える化。
    赤字リスクを早期発見!
  • タスクに加えコストの進捗も見えるので、
    最適なリソース配分を実現!
  • 進捗もコストも一元管理できるので、
    ムダな登録作業は不要!
  • 全社のプロジェクトをまとめて管理できるので、
    集計の手間は不要!
  • 会計システムと連携し、
    毎月の締め処理をスムーズに!
課題 昨日まで進捗順調に見えていたのに、
突然赤字に
解決 リアルタイムにコストを見える化。
赤字リスクを早期発見!
課題 振り返ってみるともっと利益出せたはずなのに、余計な要員が割かれていた
解決 タスクに加えコストの進捗も見えるので、最適なリソース配分を実現!
課題 複数プロジェクトの集計が大変で、全社的な状況がわからない
解決 全社のプロジェクトをまとめて管理できるので、集計の手間は不要!
課題 毎月の締め処理に間に合わせるため、月末月初は遅くまで残業
解決 会計システムと連携し、
毎月の締め処理をスムーズに!

結果効果的な
プロジェクト原価管理で
粗利率を大幅改善!

OBPM Neoが
選ばれる理由

rs1

プロジェクト
原価管理までカバー

タスクの進捗だけでなく、プロジェクトの原価管理までできるため、最適なリソース配分を実現し、粗利率を改善することができます。

rs2

プロジェクト
管理業務を統合

統合型のプロジェクト管理ツールですので、転記の手間もなく複数のツールを見比べて管理する必要はありません。

rs3

プロジェクト管理の
標準化

ツールに沿って運用するだけで、誰でも同じようにプロジェクト管理を行うことができます。担当者に聞かないとわからない、といったこともなくなります。

rs4

ユーザーの意見を
機能に反映

13年以上にわたり、ユーザーのみなさまのご要望を取り入れ続けており、かゆいところに手が届く使い勝手の良さをご評価いただいております。

rs5

豊富な
導入実績

すでに多くの企業がOBPM Neoで粗利率の改善を実現されています。本気で赤字プロジェクト対策に取り組む企業に多く採用いただいております。

rs6

国内で唯一
PMBOKに準拠

国際的なプロジェクト管理体系であるPMBOKに準拠しており、ツールに沿って運用するだけで、体系的なプロジェクト管理を実現することができます。

OBPM Neo の機能

進捗管理 進捗管理

進捗管理進捗管理

  • 進捗管理
  • 報告管理
  • 工数管理
  • 要員管理
  • スコープ管理
  • グループ管理
  • スキル管理
  • 標準化
  • ログイン機能

原価管理 原価管理

原価管理原価管理

  • 見積管理
  • 原価管理
  • 勤怠管理
  • 調達管理
  • データ分析

品質管理 品質管理

品質管理品質管理

  • 品質管理
  • リスク管理
  • チケット管理
  • Q&A管理

OBPM Neo の特徴

feature1

プロジェクト管理が
これひとつで完結

勤怠管理、タスクの進捗管理、プロジェクトの原価管理はそれぞれ別の管理システムやExcelを使って煩雑になり、 さらにそれぞれのプロジェクトごとにやり方が微妙に違う。そんな状況はとても非効率です。
OBPM Neoなら全部これひとつで実現できるので、効率よくプロジェクト管理が行えます。

feature2

収益認識基準にも完全対応

OBPM Neoでは、収益認識基準にも対応しています。
今後増えることが予想される「工程別の契約」でも、工程別(個別)と全体の両面でプロジェクトの採算や進捗を管理することが可能です。また、収益認識基準本来の原則に沿って、かかった原価(AC)ではなく実進捗(EV)を精度高く測定することも可能です。
従来の「完成基準」と「進行基準」の両方で把握できる仕組みを用意しております。

feature3

PMBOKに準拠した
プロジェクト管理

PMBOK(Project Management Body of Knowledge)とは、プロジェクトマネジメントの世界標準(事実上の標準)となっているノウハウや手法をまとめたものです。
OBPM Neoは、世界初、PMBOKの知識エリアをカバーし、現場の合理化・効率化を追求した専用システムです。
原価管理、スケジュール管理、スコープ管理、品質管理などをフルサポートしているので誰でもプロジェクトマネジメントの基本に則って効率的に管理できるようになっています。

よくある質問

無料セミナー動画

11-1

[一般公開]「アジャイル開発の
プロジェクト管理手法」

pm_10p-1

[限定公開動画] 30分でわかる! 『プロジェクト管理』で知っておくべき10のポイント

※閲覧のお申込みをいただいた方に限定公開動画URLをご案内いたします