SI Object Browser PMシステム連携

統合型プロジェクト管理ツール SI Object Browser PMのシステム連携についてご紹介します。

システム連携の概要

OBPMは、企業に存在するさまざまなシステムとの連携が可能です。

図はOBPMが持つ外部インターフェースを表したものです。リソース計画、勤怠データ、PJ別工数実績、PJ別原価実績などを外部管理している企業で、それをそのまま使いたいというケースを想定して、それぞれのデータを連携するインターフェースを持っています。

※連携イメージ図はすべて標準機能で対応できます。

会計システムとの連携

OBPMには自動仕訳機能が装備されています。月次のプロジェクトの仕掛原価や進行基準売上、完成原価などを手入力することなく会計システムに流すことができます(当社はこれを使って自動処理しています)。連携はCSVデータを介して行いますので、相手のシステムは選びません。当社はGRANDITの会計モジュールと連携していますが、プロジェクトコードを入力できる仕訳機能がある会計システムであれば他のシステムでも連携可能です。

ERP製品(株式会社システムインテグレータ) 「GRANDIT」は、Web環境で稼動できる基幹システムです。WebベースでありながらもC/S(クライアントサーバ)並みの入力操作性を実現しています。またワークフロー・情報系(BI)、通知、Web-EDIなど、基幹系+αの機能を標準実装しております。「SI Object Browser PM」とは原価計算にかかわる仕訳データ連携を行っています。

ガントチャートとの連携

OBPMにはガントチャート機能が実装されております。工数や進捗の自動積み上げ(タスク階層の下位からの積み上げ計算)が装備され、スコープ管理や要員管理などと統合されていますので、通常の状態であればOBPMのガントチャートだけでスケジュール管理や進捗管理が可能です。その一方で、開発現場がリモートにあってOBPMサーバーに接続できないような場合のために、ガントチャートツールとの連携ができるようになっています。2010年10月リリースのV3.3においてマイクロソフト社の「Microsoft(R) Project(MS Project)」との連携ソリューションを用意し、OBPMとMS Projectで双方向のデータ受け渡しができます。

汎用データ出力

OBPMで集中管理される全プロジェクトデータは、プロジェクト分析、ポートフォリオ分析をする際の宝の山です。プロジェクトの種類、部門、要員、お客様などの切り口で、原価、工数、成否、スキル、品質、課題、生産性などさまざまなデータを分析することで、真に強いプロジェクト管理力を持った組織へと強化し続けられます。  OBPMでは、このようなデータを自由に定義して外部出力するための「汎用データ出力」機能が装備されています。定義内容(リポジトリ)は、保存・再利用できるので、アドホック(都度)なデータ出力のほかに、定期的な分析データ出力も可能です。

BI連携

上記の汎用データ出力は、データの出力を行った後でExcelなどで自由に加工して表やグラフで表現する作業が必要です。もう一歩進んで、BI(Business Inteligence)機能を使ってデータの抽出から集計、加工、表示までを一括して行うこともできます。現時点では、ウイングアークテクノロジー社のDr.Sumとの連携ソリューションを用意しています。

マスタ連携

OBPMを導入した場合、基幹業務システムにあるプロジェクト、部門、社員などの各マスタ連携が必要になる場合があります。ここでの連携は、導入時点の移行データとして1回だけの場合と、定期的に行って常にマスタを一致させておくという場合があります。OBPMでは、上図のようなマスタデータの連携機能を装備しています。

プロジェクト管理ツール:OBPM基本ガイドブック

プロジェクト管理ツール:OBPM基本ガイドブック

導入実績150社を超えるプロジェクト管理ツール「OBPM」だから実現する、高度なプロジェクト管理機能をわかりやすく紹介します。

より効率化が求められる中、コスト・スケジュール・要員管理・品質管理など、プロジェクト管理に求められる役割は一層大きくなっています。

本資料では、OBPMを活用したプロジェクト管理の課題解決についてご紹介します。

ダウンロード

新規CTA