SI Object Browser PMご利用シーン
(プロジェクトリーダー/マネージャー向け)

一覧に戻る

統合型プロジェクト管理ツール SI Object Browser PMの
プロジェクトリーダー/マネージャー向けご利用シーンについてご紹介します。

プロジェクトメンバーの進捗を正確に把握したい

Excelなどのファイルを使った進捗管理では、PL(プロジェクトリーダー)やPM(プロジェクトマネージャー)が個々のメンバーの進捗を聞いて進捗登録を行っています。これに対してOBPMは情報を一元管理できるので、個々のメンバーが担当しているタスクの進捗報告するのが容易になりました。これが全体の進捗として自動集計されますので、メンバーおよびPL両方の進捗報告作業の負担を軽減できます。

進捗は、明細積み上げ方式で自動集計されます。担当者が報告する1機能ごとの進捗は、その機能の計画工数(××時間)をベースに集計されて、上位のタスクの進捗率となります。個々のタスクの進捗はその上位の工程の進捗率となり、個々の工程の進捗率の集計結果がプロジェクト全体の進捗率(EVM)として自動算出されます。このように明細ベースの進捗を自動積み上げ計算するロジックが完備していますので、PLの主観による進捗率報告と異なり高い精度で進捗状況を把握できます。

担当者の進捗報告で直接パーセントを指定させると人によるばらつきがあります。そのため、「着手で10%、プログラミング完了で60%、レビュー完で100%」というようにアクティビティとパーセントの関係を標準化し、誰でも同じ“モノサシ”で報告できる仕組みを用意しています。

プロジェクトの計画修正を簡単にしたい

リソースヒストグラム画面で要員計画を立てられます。リソースヒストグラムは、ガントチャートやプロジェクトメンバー登録、社員ランク別標準原価、プロジェクト別工数入力などとデータ統合されていますので、面倒な手続きなしに簡単に作成できます。また、予定だけでなく工数入力で入れた工数実績も自動反映されます。実績工数+見込工数のトータル工数を人別に計算し、プロジェクトの採算見込みに反映されます。

リソースヒストグラム

スケジュール、アサイン状況を確認しながら要員計画を登録します。工数だけでなく各人の標準原価も自動計算されますので、労務費の予測計算にも利用されます。

プロジェクト採算登録

プロジェクトの月次の売上、原価、利益を自動集計します。 原価内訳は、労務費や経費、外注費などの項目別に管理されていますが、労務費の予定金額がリソースヒストグラムから自動算出されます。

※原価管理はフル機能版のみ利用能です。

プロジェクトの採算をタイムリーに把握したい

多くの企業では、月末締めを行わないと当月発生する原価がわかっていません。OBPMでは、今月は今現在どのくらい原価(労務費や経費などの直接費)が発生しているかをリアルタイムに把握できる仕組みを持っておりますので、プロジェクトリーダーはこれを確認しながらコスト調整を行えます。

月中参考原価

月中においても、労務費や工数委託費、経費などの直接費を把握可能。

※原価管理はフル機能版のみ利用能です。

プロジェクト管理ツール:OBPM基本ガイドブック

プロジェクト管理ツール:OBPM基本ガイドブック

導入実績150社を超えるプロジェクト管理ツール「OBPM」だから実現する、高度なプロジェクト管理機能をわかりやすく紹介します。

より効率化が求められる中、コスト・スケジュール・要員管理・品質管理など、プロジェクト管理に求められる役割は一層大きくなっています。

本資料では、OBPMを活用したプロジェクト管理の課題解決についてご紹介します。

ダウンロード

プロジェクト管理ツール:OBPM基本ガイドブック