SI Object Browser PMご利用シーン(品質管理・PMO向け)

一覧に戻る

統合型プロジェクト管理ツール SI Object Browser PMの品質管理・PMO向け
ご利用シーンについてご紹介します。

レビューや品質管理を徹底したい

OBPMは品質基準の標準を管理できます。個別プロジェクトは、この標準化された品質基準をベースに、必要に応じてプロジェクト独自の項目を追加・変更して品質基準を定めます。

品質基準は、ガントチャートのマイルストーンを通して工程と連携させることができます。たとえば、「出荷判定基準」という品質基準を「結合テストレビュー」というマイルストーンに紐付けておけば、結合テストの最終チェックで出荷判定基準を満たしているかのチェックが行われ、その結果が保存される仕組みとなっています。

品質基準設定

品質基準の各項目に対して合格判定を行い、全体の合否判定を登録することができます。

各プロジェクトの管理方法を統一したい

WBS、見積、リスク管理等をテンプレート化し、組織のプロジェクト管理を標準化できます。標準化の単位は全社で1つとは限りません。逆に、部門ごとに標準を持つ方法だと、今度は統一が取れなくなります。そのため、OBPMではドメインという単位ごとに標準化を定められる仕組みとなっています。たとえば「ERPカスタマイズ」というドメインに品質基準や見積基準、WBSなどのデータを標準化しておけば、ERPカスタマイズのプロジェクトが発生した際の初期データとして利用できます。

ドメインの標準は、定期的にブラシアップします。たとえば半年間ごとに終了したプロジェクト実績を集計して標準と対比させ、必要に応じて標準を改良します。

プロジェクトの生産性を分析したい

多くの企業では、実績はシステムで捉えられるけれど、予定はExcelなどで個別管理しているため、予実対比のために面倒なExcelでの作業が必要となっています。OBPMでは、プロジェクトの計画と実績が統合データベースで一元管理され、予実分析が可能になります。

※一部機能は、フル機能版のみ利用能です。

プロジェクト管理ツール:OBPM基本ガイドブック

プロジェクト管理ツール:OBPM基本ガイドブック

導入実績150社を超えるプロジェクト管理ツール「OBPM」だから実現する、高度なプロジェクト管理機能をわかりやすく紹介します。

より効率化が求められる中、コスト・スケジュール・要員管理・品質管理など、プロジェクト管理に求められる役割は一層大きくなっています。

本資料では、OBPMを活用したプロジェクト管理の課題解決についてご紹介します。

ECサイト構築パッケージ選定 7つのポイント

プロジェクト管理ツール:OBPM基本ガイドブック