OBPM Neoご利用シーン

経営層やプロジェクトマネージャー、メンバー、品質管理の方々が実際に
どのようなイメージで使うのかをご確認いただけます。

役職ごとに的確なプロジェクト管理をサポート

※画像をクリックすると拡大表示されます

役職ごとに的確なプロジェクト管理をサポート

スケジュール/コスト/リソースなどのデータを一元管理し、タイムリーに情報を活用できる「OBPM Neo」は、 プロジェクトマネージャー(PM)やプロジェクトリーダー(PL)はもちろんのこと、部門長、品質管理部門、経理部門など、本製品を利用される方々のプロジェクト管理課題にお応えします。

OBPM Neoの最大の特徴は、全プロジェクトのデータがデータベースで一元管理されていることです。この構造により、プロジェクトメンバーだけでなく経営層や部門長、品質管理・PMO、間接(管理)部門などが、それぞれの利用目的でプロジェクトデータにアクセスしてデータ活用することができます。

プロジェクト管理力強化に役立つ資料「OBPM Neoサービスご紹介資料」