AI・ディープラーニング外観検査システム

AISIA(アイシア)-ADは、最新のAI画像認識技術を利用した外観検査システムです。

AISIA-ADご紹介資料

inspection-woman

外観検査をAIで自動化する最先端システム

AISIA-ADは、Microsoft社が開発したAzure Machine Learningを活用し、キズ、凹み、異物混入などの異常をAIで自動検知できるAIソフトウェアパッケージです。

工場、現場、倉庫などでは様々な目視検査が行われていて熟練の人たちの経験と技が生かされています。そのような経験と技をAIに学習させてAIモデルを作成し、あたかも熟練の検査員を創り上げることができるのです。

AISIA-ADと検査機、カメラ、照明などの機器と組合せることで外観検査の省人化、精度向上をサポートします。

AI外観検査システム「AISIA-AD」の特徴

flexible

最適AIモデルの適用

一般的にパッケージ型のAI外観検査ソフトウェアは、利用するAIモデル(推論・判定方法)が限定されています。外観検査では、対象となるワークや検査場所の環境は全て異なります。そのような異なる条件に細かく適合するため、AISIA-ADではAIモデルを限定することなく、適合するAIモデルや機器類を組合せてお客様固有の条件に合ったAI外観検査システムを構築します。

interface

最適AIモデルと連携する機器

AISIA-ADは、画像データをもとに学習データに基づくAIモデルによる異常判定を行います。このとき、画像データを取得するには照明、カメラ、各種センサー、または判定前後の搬送機器などが必要になります。AISIA-ADは、これら各種機器に対応し、データ連携して画像データ処理、判定、判定後の処理まで外観検査の業務効率化に向けてトータルでサポートします。

検査機(ルールベース)とAIの違い

Inspection-matrix

 

AIと検査機は、人間と異なり疲労による判断ミスは起きません。一度設定や学習をした欠陥はほぼ認識できるため、不良品の出荷を減らすことができます。

しかしAIと検査機にも得意不得意があります。自社の検査対象にとって適したほうを選ばないと、余計な負荷やコストが発生し、逆に効率が悪くなることもあります。従来実用化が難しかった外観検査の置き換えを実現するには、製品・撮像・運用の条件によってAIと検査機の適正を見極め活用することが重要です。

既存の製造ラインに設置された検査機とAI外観検査を組み合わせることで、過検知などの課題を解決することができます。

AI外観検査システム「AISIA-AD」の機能

AISIA-ADは、対象ワークや検査環境に応じて最適なAIモデルを採用できるAI外観検査のソフトウェアパッケージです。
異常を検知した結果を表示したり、追加で画像を読み込ませて学習させたりすることができます。
なお、照明、カメラ、センサー、搬送などの機器についても組み合わせたご提案も行うことができます。

inspection-flow

function-summary

AISIA-ADは安定した検査とより良い判定精度向上の機能を有しています

AI外観検査システム「AISIA-AD」の導入効果

Automated production line in modern factory

人為的なミスをゼロに

高度な集中力とどんな細かい不具合も見逃さない洞察力が必要な外観検査を自動化し、検査員によるバラつきを生じさせず体調や精神状態に左右されない安定した検査を実施することができます。

Engineering interface against mechanic changing car battery

過検出を抑制

既存のルールでは検出できないような不良品も検知することができます。既存の検査画像の活用ができるため、初期投資を抑えながら、不良データの分析によりメンテナンス作業を効率化することができます。

Food technicians working together in a food processing plant

検査員を最小限に留める

高い品質を維持するための過剰検査で起きる人手不足や人件費増をAIのサポートによりカットして、貴重な人員は生産への有効活用をすることが可能です。

rubber

導入事例

背景・課題

工業用ゴム製品メーカーのこちらのお客様では、検査員による全件目視検査が必要で、作業工数、作業品質にばらつきが出てしまっていました。年々加速する人材不足も経営課題であったため、過去システム化を検証し、検査機導入を検討したものの、検知する欠陥(バリ、黒点、バブル)の発生個所が特定できないという結果に終わっていました。 

結果

  • 10万個/日の全件目視 ⇒ 5000個/日 95%の検査数削減
  • 検査員20名 ⇒ 最大19人の検査員のコスト削減

AIが欠陥と判断した製品に対してのみの目視検査を実施することで、大幅な作業効率化を実現。

  1. 人による目視検査を削減
  2. 検査品質が平準化
  3. 欠陥状態を画像で蓄積
  4. 人による過検知率(正常を欠陥として扱う)との数値比較が可能

外観検査AI化 導入の流れ

flow

検査方法の適正や不良の撮像から、導入まで3ステップでプロジェクトを進めていきます。

無料画像診断

対象のワークの画像処理機か検査装置の画像をお送りいただければ、AIで検査がどれくらいの効率化できるのかを無料で検証してご報告致します。

こちらの無料画像診断から、これまで過検知率95.0%だったものが正解率99.0%まで大幅に改善できるという検証結果が得られ、実際にAI化の実装を進めているお客様の事例もございます。

まずはお気軽にご相談ください。

※無料での実施は不定期かつ、お受けできる数に限りがございます。

外観検査のお悩み、お気軽にご相談ください

目視検査の省人化は多くの製造業で課題となっていますが、従来のように検査機を設置する以上の対策を講じられていない企業がほとんどです。

それは、製造ラインで作成しているものによって、それぞれ検査項目が異なるのに、自社に合うものがサービスとして用意されていないためでした。
AISIA-ADは他のパッケージ型AIサービスと異なり、お客様に合わせて柔軟に変更が可能な構成で設計されたツールですので、きっと御社の課題解決をご支援できると考えています。

ご相談は無料でお受けしています。ヒアリングにて詳細を確認させていただき、課題を抽出した上で、適切な内容でご提案させていただきますので、お気軽にご連絡ください。

システムインテグレータ

システムインテグレータは業務のデジタル化カンパニーです

弊社のAIビジネスは、AIの第3次ブームが始まった2014年頃からAIによる「花(Flower)」の画像認識技術を研究開発したのが始まりです。これは、花の画像を学習させ、スマホで撮影した写真をUploadすると弊社のAIシステムが自動的に花の名前を判定するというものでした。

弊社のコーポレート・スローガンは、「時間を奪うのではなく、時間を与えるソフトウェアを創り続ける」です。「AISIA-AD」は、外観検査工程での目視作業をAIの画像認識技術で代替、補完しようというソリューションです。弊社は、長きに亘り基幹業務システムERPで生産管理システムを製造業の皆さまに導入してまいりました。製造業、生産現場で培ったノウハウと最新のAIテクノロジー、そしてコーポレート・スローガンに基づき、弊社の知恵と工夫が結集されたAIソリューションです。

皆さまのお役に立てるように最新のAIテクノロジーと製造業、生産現場の視点でリアリティある課題解決のご支援をさしあげます。

外観検査業務の効率化をご検討であれば、ぜひ弊社にお問い合わせください。

ディープラーニング外観検査システム AISIA-ADご紹介資料