IT テンプレート(プロジェクト管理テンプレート)

一覧に戻る

IT企業に必要な業務全般を統合的に管理

GRANDIT」とプロジェクト別原価管理機能をもつ当社パッケージ製品「SI Object Browser PM」が連携するテンプレートです。 販売、調達、会計、継続契約、業務委託契約、プロジェクト管理、個別原価計算とIT業の業務全体を統合管理することが可能です。

ITテンプレート
(プロジェクト管理テンプレート)の特長

経営の予実・見込把握が可能

タイムリーに手集計が発生することなく、受注確度に照らし合わせた予算とのかい離が把握可能です。

勤怠管理とプロジェクト工数入力の一元管理

勤怠報告と作業工数報告が可能です。勤怠と工数を一致させることにより、より正確な個別原価管理が行えます。

個別原価管理だけでなく、プロジェクト管理も可能

多くのプロジェクト管理型のERPテンプレートは、個別原価計算機能が提供されているだけです。ITテンプレート(プロジェクト管理テンプレート)は、現場が活用できるPMBOKをカバーした精度の高いプロジェクト収支管理を実現します。

工事進行基準対応

原価比例法による売上計上が可能です。また、平行してEVMでの管理も行えます。

予算見込入力

部門見込を登録すると、受注確度別に集計した見込損益の表示が可能です。

ランク別損益集計表

多くの企業がExcelで管理しているランク別損益集計表が統合システムにて管理可能です。

プロジェクト別採算登録

進行基準対象のプロジェクトは、原価比例法で進行売上を計上することができます。

主要機能一覧

進捗管理 ガントチャート
進捗登録
進捗予測(EVM)
コスト管理 プロジェクト別(作業)工数入力
明細別(スコープ)工数入力
部門別採算管理
プロジェクト別採算 プロジェクト別採算EVM
要員管理 リソースヒストグラム (開発メンバー要員計画)
開発メンバーアサイン状況 (担当者のみ、個人別、プロジェクト別)
メンバースキル照会
課題管理 他 課題一覧表 リスク管理
コミュニケーション:質問回答
品質管理 テスト予実管理
障害管理
工事進行基準 進行基準と完成基準の2種類の計上基準に対応
売上計上
マネジメント機能 他 ドメインマスタ機能
進捗報告

適用業種

  • IT関連企業
失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方

失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方

ERPの導入は、その影響範囲の大きさから失敗する企業が後を絶ちません。

システムインテグレータでは、数多くのERP導入支援の経験やアンケートから失敗するプロジェクトの特徴を把握しています。

今回、特別にその情報をわかりやすい漫画形式のEブックにまとめさせていただきましたので、この機会にぜひダウンロードしてください。

失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方

失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方
失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方

システムインテグレータが数多くのERP導入支援の経験やアンケートから失敗するプロジェクトの特徴をマンガ形式でまとめました。

無料Eブックをダウンロード