海外取引・グローバル対応企業様向けERPソリューション

一覧に戻る

変化し続けるニーズ(業務モデル)に柔軟に対応

企業の国際化・ビジネスの多様化に伴い増加する、輸出・輸入の貿易業務に対応。GRANDITでは為替予約や信用状取引といった、貿易業務を行う上で必須となる要件のサポートに加え、多言語・多通貨の対応により、海外拠点での利用が可能となっています。

多言語対応による海外グループ拠点を含めたリアルタイム連携を実現

国内向け業務モデルに加え、海外展開を前提にした業務モデル(現地生産、現地販売)に対応。

多言語、多通貨対応により海外拠点での利用が可能となっており、完全WEB-ERPのメリットを活かして海外拠点(工場・倉庫・営業所)への展開も容易に実現。

各拠点からの全データが一元的に把握できるグローバルシステムを構築可能です。

多通貨管理とレートの管理

取引通貨となる外貨と基軸通貨のレート換算を行うためのレートをマスタとして管理します。
登録したレートは、伝票起票時の初期値として使用されます。
TTMレート(仲値)に加え、TTSレート、TTBレートの管理が行えます。

為替予約契約情報の管理

為替レートの変動リスクを避けるため、一定期間における為替の交換金額、交換レートの契約依頼を行います。

為替予約の売予約/買予約の区分に応じて、受注伝票/発注伝票(契約情報)を参照しながら入力することが可能です。

銀行との為替予約締結後、予約レート等を為替予約締結入力にて登録を行います。

船積帳票の作成

船積帳票を作成する為に必要となる海外受注明細を選択し、当該処理で選択した海外受注データが船積入力画面に引き継がれます。

三国間取引への対応

受発注入力にて、海外取引向けの受注データと発注データの同時作成を行うことで、三国間貿易における事務作業量を低減することが可能です。

諸掛費用の原価算入

商品仕入に伴って発生した諸掛費用(運送費、梱包費、保険料など)を登録します。諸掛費用は、指定の按分方法で仕入伝票の商品単位に按分され、在庫の評価計算に反映されます。

また、債務モジュールを導入している場合、諸掛に関わる支払申請データとして連動が可能です。

失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方

失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方

ERPの導入は、その影響範囲の大きさから失敗する企業が後を絶ちません。

システムインテグレータでは、数多くのERP導入支援の経験やアンケートから失敗するプロジェクトの特徴を把握しています。

今回、特別にその情報をわかりやすい漫画形式のEブックにまとめさせていただきましたので、この機会にぜひダウンロードしてください。

ダウンロード

失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方