【繰返生産】製造業対応ERPソリューション

一覧に戻る

工場だけでなく、本社基幹システムや
ロジスティックにつながる繰返生産管理システム

ストラクチャ型BOM(部品構成表)をベースに生産計画・受注情報に基づき、所要量計算にて手配処理を行います。原価は品目別の総合原価計算に対応し、標準・実際原価での管理が可能です。

BOMに詳細情報を保持させ、生産にかかわる手配データを一括生成

  • 同一品番で複数の構成情報を保持することが可能
  • 構成品および工程を保持
  • 1品目に複数工程の管理が行え、仕掛在庫の管理・引当が行える
  • 材料や部品の投入工程の設定が可能
  • ファントム品の使用が可能
  • 品目構成には支給・受給の管理も行え、有償・無償の処理も可能
  • 所要量計算では総有効在庫または日毎有効在庫での引当可能数を算出、及び基準日程・作業工数・日次生産数などの日程計算が可能

工程内の在庫をリアルタイムに管理可能

  • 作業実績入力に伴う工程間での受払数や仕掛数などの把握が可能
  • 予定在庫数の照会や、GRANDITのロット機能を活用したロットトレース照会が可能
  • 作業工数入力も行え、工程・手配先・社員に設定されたレートで労務費の計上が可能

工程ごとに作業実績入力を行うことにより、在庫管理と連動し、左記のように仕掛品の管理が可能です。

品目工程別での実際原価を把握可能

  • GRANDIT経理モジュールと連携し、品目別・品目工程別で標準原価と実際原価の比較が可能
失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方

失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方

ERPの導入は、その影響範囲の大きさから失敗する企業が後を絶ちません。

システムインテグレータでは、数多くのERP導入支援の経験やアンケートから失敗するプロジェクトの特徴を把握しています。

今回、特別にその情報をわかりやすい漫画形式のEブックにまとめさせていただきましたので、この機会にぜひダウンロードしてください。

失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方

失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方
失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方

システムインテグレータが数多くのERP導入支援の経験やアンケートから失敗するプロジェクトの特徴をマンガ形式でまとめました。

無料Eブックをダウンロード