【個別生産】製造業対応ERPソリューション

一覧に戻る

工場だけでなく、本社基幹システムや
ロジスティックにつながる繰返生産管理システム

サマリー型BOM(部品構成表)をベースに製番別の個別手配入力が可能で、サミダレ式に手配処理を行います。原価管理は製番別の個別原価管理に対応し、予算原価、実績原価、実際原価の対比照会が可能です。

サマリ型BOMをベースに製番単位・受注案件単位に個別手配処理が可能

  • 受注明細毎に製番登録をする事が可能
  • 納期別・各社業態の管理体系に合わせて製番登録が可能
  • 製番毎の原価照会以外に案件(受注単位)での照会も可能

一つの「製番」に集約されたシステム

受注~手配~出荷までの手配業務の情報を製番単位で管理します。バラバラだった各手配の情報を一元管理。
「MRP型を無理に応用」「Excelなどで対応」などで発生していた人的ミスや無駄をとことん削減します。

個別製造原価管理の徹底、見える化、予実対比

労務費、外注費、材料費、経費などを面倒な手続きなく製品原価に組み入れることができます。
また、製番単位でのコストを予算・予定・実績を対比して管理できます。

失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方

失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方

ERPの導入は、その影響範囲の大きさから失敗する企業が後を絶ちません。

システムインテグレータでは、数多くのERP導入支援の経験やアンケートから失敗するプロジェクトの特徴を把握しています。

今回、特別にその情報をわかりやすい漫画形式のEブックにまとめさせていただきましたので、この機会にぜひダウンロードしてください。

失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方

失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方
失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方

システムインテグレータが数多くのERP導入支援の経験やアンケートから失敗するプロジェクトの特徴をマンガ形式でまとめました。

無料Eブックをダウンロード