導入の流れ

GRANDIT導入の標準的なプロセスを以下に示します。
GRANDITの開発プロジェクトは規模が大きいので、基本的にウォーターフォール方式で開発を進めます。

導入コンサルティング

導入コンサルティングプロセスは、予備調査と要件定義から構成されています。予備調査では、業務概要をヒアリングし、現状の課題と課題解決のための計画案策定、システムの適用範囲の設定、新システムのイメージと導入目的の確認などを行います。

要件定義は実際にGRANDITの画面にデータを入力しながら、Fit & Gapの洗い出しを行います。並行して新業務フローの作成を行い、どのような業務の流れで、どのような画面や帳票で各部門が業務処理を行うかをイメージします。また、同時にハードウェア、ネットワーク、セキュリティ、パフォーマンスなどの性能要件を定め、運用イメージも共有できるようにします。

予備調査

  • 要件ヒアリング
  • パッケージ適用分析
  • 新システム提案

要件定義

  • 導入コンサルティング(GRANDITをベースとした業務改革提案)
  • 業務要件
  • 機能要件
  • ハードウェア要件
  • ネットワーク要件
  • バックアップ計画
  • セキュリティ要件
  • パフォーマンス要件
  • 運用要件

開発

開発プロセスは、システム設計とシステム開発です。
システム設計では、各画面・帳票イメージを具体化する基本設計、それぞれの機能での処理内容まで記述した詳細設計を行います。また、同時に既存システムからのデータ移行計画も立てます。
システム開発では、カスタマイズやアドオン開発とそれぞれのテスト(単体テストと結合テスト)を行います。

システム設計

  • 基本設計
  • 詳細設計
  • データ移行計画

システム開発

  • 開発(カスタマイズ・アドオン開発)
  • テスト

運用サポ

運用サポートプロセスは、導入支援とそれに続く保守サポートです。
導入支援ではデータ移行やユーザー教育、ユーザーテストの支援を行い、万全な状態で本番稼働できるように支援します。
本番稼働後は保守サポートフェーズとなり、ヘルプデスクの開設や障害対応、機能改善などを行い、お客様が安心してお使いいただける環境を保持します。

導入支援

  • セットアップ
  • データ移行
  • ユーザー教育
  • ユーザーテスト支援

保守サポート

  • ヘルプデスク
  • ユーザー教育
  • 機能改善
  • 障害対応
  • パッケージパッチ提供
  • 法改正対応
  • オンサイトサービス
失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方

失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方

ERPの導入は、その影響範囲の大きさから失敗する企業が後を絶ちません。

システムインテグレータでは、数多くのERP導入支援の経験やアンケートから失敗するプロジェクトの特徴を把握しています。

今回、特別にその情報をわかりやすい漫画形式のEブックにまとめさせていただきましたので、この機会にぜひダウンロードしてください。

失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方

失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方
失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方

システムインテグレータが数多くのERP導入支援の経験やアンケートから失敗するプロジェクトの特徴をマンガ形式でまとめました。

無料Eブックをダウンロード