GRANDITの価格

イニシャル費用

1.ライセンス費用

ライセンス料金は、導入モジュール(モジュール構成は図1をご参照)ごとに従業員数単位の料金体系となっています。 ただ、モジュールのセット価格やグループ会社(複数会社)導入価格など、 利用実態を合わせた特別料金体系も多く用意されています。 お客様の利用状況に合った体系がありますので、お気軽にお問合せください。



2.導入(開発)費用

GRANDITの導入には、パッケージ機能へのFit&Gap分析(要件定義)や教育、移行などの導入作業が必要です。 また、アドオンやカスタマイズの開発が発生する場合には、別途仕様を確定させた上で開発費用が発生します。 導入(開発)に関わる金額は、お客様の条件や要件などによって、個別にお見積させていただきます。

ランニング費用

3.ライセンス保守費用

法改正への対応、リビジョンアップや最新のOS/ブラウザへの対応など、GRANDITの継続利用に必要なライセンス保守料金です。



4.運用サポート費用

利用中の問合せや業務イベントのサポートなど稼働運用中のご支援に関わる費用です。

※(ご参考)GRANDIT導入費用

販売、調達在庫、債権、債務、経理モジュールを対象とした場合の参考価格です。
実際には組合せモジュールや導入会社数などで、適用される特別料金体系が異なります。




イニシャル費用

No. 従業員数 ライセンス費用 導入費用
1 100名 13,000千円~ 27,000千円~
2 300名 17,500千円~
3 500名 22,000千円~

ランニング費用(年額)

No. 従業員数 ライセンス保守費用 運用保守サポート費用
1 100名 1,950千円~ 1,000千円~
2 300名 2,630千円~
3 500名 3,300千円~