Oracle 消えたSQLビルダ・・・その復活の呪文

 2016.11.18  株式会社システムインテグレータ

この度、OB for Oracle Ver13.1にて【SQLビルダ】を廃止いたしました。

が、しかし!!
この廃止された【SQLビルダ】・・・・・・
実は・・・・・・裏技で復活させることが出来ます!!

本日は、最新バージョン(Ver.13.1)でも、
SQLビルダを利用できる方法をご案内いたします。
以下のレジストリを追加していただくことで、当機能を有効にすることができます。

キー名 : HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\SystemIntegrator\OB13
値名  : ShowSqlBuilder
値の種類: REG_DWORD (32ビット)値
値   : 1

値に1を設定することで、SQLビルダの機能が使用可能になります。
値に0を設定することで、SQLビルダの機能を使用不可(非表示)になります。
(※レジストリの修正は慎重に行ってください。)

なお、最新バージョン(Ver.13.1)では正式には廃止機能となります。
不具合などの対応はいたしかねる場合がございますので
あらかじめご了承ください。

今後も「SI Object Browser」を何卒よろしくお願い申し上げます。

いまさら聞けない Oracleの基本

RELATED POST関連記事


RECENT POST「【OBトコ】OBを便利に使おう」の最新記事


【OBトコ】OBを便利に使おう

SI Object Browserを他のデータベースツールと比較してのメリット

【OBトコ】OBを便利に使おう

Oracle 表・列(テーブル・カラム)機能の活用法

【OBトコ】OBを便利に使おう

Oracle 19c 新機能 開発者用リアルタイムSQLモニタリング をOBでためそう

【OBトコ】OBを便利に使おう

Oracle タイムアウトを抑制してOBを快適に使おう

Oracle 消えたSQLビルダ・・・その復活の呪文
新規CTA

新規CTA
ブログ購読のお申込み

RANKING人気資料ランキング

RANKING人気記事ランキング

RECENT POST 最新記事