Oracle インデックスの断片化を解消しよう

 2017.07.04  株式会社システムインテグレータ

インデックスを付与した場合の検索は早いですが、更新・削除が頻繁に行われると、インデックスが断片化して、その速度は劣化していきます。データベース管理者は検索の速度低下が発覚したらインデックスの再構築を検討する必要があります。

OBでその断片化状況の表示や再構築が出来れば良いと思いませんか。
はい。実は出来るんです。 

気づきにくいですが、右上のボタンにご注目。

obt1.png

インデックスを選択するとボタンが押せるようになります。

データベース開発に関するお役立ち資料

obt2.png 

ボタンを押下すると現在の断片化具合が表示されます。
(普段表示しないのは断片化割合を表示するとリストの表示速度が遅くなるからです。)

obt3.png

断片化の解消は右クリックから実行可能です。

obt4.png

ダイアログにてONLINEオプション指定が可能です。

obt5.png

実行すると断片化が解消します。

obt6.png

ちなみに棒グラフの青と赤の表示はオプションの値で切り替わります。

obt7.png 

どうでしたか。
今後、検索の遅いSQLがあったら、是非活用してみてください。

新規CTA

新規CTA
新規CTA

RELATED POST関連記事


RECENT POST「OBをトコトン極める」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!
新規CTA
ブログ購読のお申込み

RANKING人気資料ランキング

RANKING人気記事ランキング

RECENT POST 最新記事