動作環境

SI Object Browserの動作環境

データベース開発支援ツール SI Object Browser の動作環境は以下の通りです。
SI Object Browser ReadOnly Editionの動作環境についても以下をご覧ください。

SI Object Browser for Oracle 21 / SI Object Browser for Oracle ReadOnly Edition 21

対応OS 日本語版 Windows 7 / 10 (21H1)/ 11 / Server 2012 / Server 2012 R2 / Server 2016 / Server 2019 / Server 2022
64bitOS, 32bitOS両対応
対応RDBMS

Oracle Database 10.1.0 ~ 21c (21.3.0)

対応クラウド

・Database Cloud Service: Virtual Machine(Oracle Database Cloud Service)
・Autonomous Transaction Processing(Oracle Database Cloud Service)
 Database Cloud ServiceへSSH接続を行う場合は、Oracleが推奨する方法を利用してください。
・Amazon EC2
・Amazon RDS

文字コード

SJIS/Unicode

* UTF-8環境では、LOB型データ編集やファイル出力時に
BOM(Byte Order Mark)を削除する動作となります。

その他
  • Oracle Clientがインストール済で、かつSQL*Plusで接続可能であること。 (※1)
  • Oracle Clientのビット数と、SI Object Browser のビット数が同じであること。(※2)
  • Microsoft Excel 2010 以降がインストール済みであること。(Excel形式ファイルの出力機能を使用する場合)
  • インターネットに接続可能な環境があること。(※3)
  • サブスクリプションライセンスをご利用の場合、インターネットに接続可能な環境であること。

※1 データベースへの接続には、Oracle社より配布されているOracle Clientのインストールが必要です。 
Oracle Database と Oracle Clientは、同一バージョンの使用を推奨しております。 

※2 64bit版インストーラと32bit版インストーラがございます。Oracle Clientのビット数に応じていずれかのインストーラをご使用ください。 
・Oracle Clientが64bit版の場合:「x64」フォルダ内の64bit版インストーラをご使用ください。 
・Oracle Clientが32bit版の場合:「x86」フォルダ内の32bit版インストーラをご使用ください。 

※3 インターネットによるライセンス認証を導入しております。 
製品版としてご利用いただくためには、インターネット接続環境が必要となります。 
なお、製品をインストールするマシンが直接インターネットに接続できない場合でも、 別途インターネット接続可能なマシンがあればライセンス認証は可能です。詳細な手順についてはライセンス登録手順を参照してください。

SI Object Browser for Oracle 旧バージョンの動作環境一覧はこちらからダウンロード可能です。

SI Object Browser for SQL Server 18 / SI Object Browser for SQL Server ReadOnly Edition 18

対応OS

Windows日本語版 7 / 8 / 8.1 / 10 /
Server 2008 / Server 2008 R2 / Server 2012 / Server 2012 R2 / Server 2016
64bitOS, 32bitOS両対応

対応RDBMS

SQL Server 2008 ~ 2017 * SP1(Service Pack)などの制限はございません。

対応クラウド

Azure SQL Database *Azure SQL Managed Instanceには対応しておりません。

文字コード SJIS/Unicode
* Unicode環境では、LOB型データ編集やファイル出力時に
BOM(Byte Order Mark)を削除する動作となります。
その他
  • SQL Server Native Client 11 がインストールされていること。
  • Microsoft Excel 2010 以降がインストール済みであること。(Excel形式ファイルの出力機能を使用する場合)
  • インターネットに接続可能な環境があること。(※)

 ※ インターネットによるライセンス認証を導入しております。
製品版としてご利用いただくためには、インターネット接続環境が必要となります。
なお、製品をインストールするマシンが直接インターネットに接続できない場合でも、 別途インターネット接続可能なマシンがあれば
ライセンス認証は可能です。詳細な手順についてはライセンス登録手順を参照してください。

SI Object Browser for SQL Server 旧バージョン動作環境一覧はこちらからダウンロード可能です。

SI Object Browser for Postgres 22 / SI Object Browser for Postgres ReadOnly Edition 22

対応OS

Windows 10(~21H2) / Windows 11 / Server 2012 / Server 2012 R2 / Server 2016 / Server 2019 / Server 2022 日本語版
(サーバーはWindows/Linux/Solarisに対応)

対応RDBMS

PostgreSQL Ver.10 ~ 14
EDB Ver.10 ~ 14

対応クラウド

Amazon RDS for PostgreSQL 14
AWS Aurora PostgreSQL 13

文字コード SJIS/Unicode (UTF-8)
その他
  • PostgreSQLクライアントがインストールされていること。(※1)
  • Microsoft Excel 2010 以降がインストール済みであること。(Excel形式ファイルの出力機能を使用する場合)
  • インターネットに接続可能な環境があること。(※2)
  • EDB サーバーに接続して「バックアップ」「リストア」機能を利用する場合は、本製品はDBサーバーと同じビット数のクライアント端末でご利用ください。

※1 64bit版インストーラと32bit版インストーラがございます。データベースクライアントのビット数に応じていずれかのインストーラをご使用ください。
・データベースクライアントが64bit版の場合:「x64」フォルダ内の64bit版インストーラをご使用ください。
・データベースクライアントが32bit版の場合:「x86」フォルダ内の32bit版インストーラをご使用ください。

※2 インターネットによるライセンス認証を導入しております。
製品版としてご利用いただくためには、インターネット接続環境が必要となります。
なお、製品をインストールするマシンが直接インターネットに接続できない場合でも、 別途インターネット接続可能なマシンがあれば
ライセンス認証は可能です。詳細な手順についてはライセンス登録手順を参照してください。

SI Object Browser for Postgres 旧バージョン動作環境一覧はこちらからダウンロード可能です。

SI Object Browser for HiRDB 20 / SI Object Browser for HiRDB ReadOnly Edition 20

対応OS Windows日本語版 7/10(~1909)
32bitOSのみ対応
対応RDBMS

HiRDB 08-04~10-01
* HiRDB Runtime(HiRDB付属)がインストール済みであること

文字コード SJISのみ対応(UNICODE 非対応)
その他
  • Microsoft Excel 97以降がインストール済であること(EXCEL出力機能で使用)
  • インターネットに接続可能な環境があること。(※)

※ インターネットによるライセンス認証を導入しております。 
製品版としてご利用いただくためには、インターネット接続環境が必要となります。 
なお、製品をインストールするマシンが直接インターネットに接続できない場合でも、 別途インターネット接続可能なマシンがあれば 
ライセンス認証は可能です。詳細な手順についてはライセンス登録手順を参照してください。

SI Object Browser for HiRDB 旧バージョン動作環境一覧はこちらからダウンロード可能です。

SI Object Browser for DB2 Ver.1 / SI Object Browser for DB2 ReadOnly Edition Ver.1

対応OS Windows日本語版 XP/2003 Server/Vista/2008 Server/7
32bitOSのみ対応
対応RDBMS

DB2 for Linux, UNIX, and Windows 9.1~9.7
* DB2クライアントがインストール済で、かつ接続可能であること。

文字コード SJISのみ対応(UNICODE 非対応)
その他
  • Microsoft Excel 97以降がインストール済であること。(Excel形式ファイルの出力機能を使用する場合)
  • インターネットに接続可能な環境があること。(※)

※ インターネットによるライセンス認証を導入しております。 
製品版としてご利用いただくためには、インターネット接続環境が必要となります。 
なお、製品をインストールするマシンが直接インターネットに接続できない場合でも、 別途インターネット接続可能なマシンがあれば 
ライセンス認証は可能です。詳細な手順についてはライセンス登録手順を参照してください。

SI Object Browser for DB2 旧バージョン動作環境一覧はこちらからダウンロード可能です。

SI Object Browser for Symfoware Ver.2 / SI Object Browser for Symfoware ReadOnly Edition Ver.2
(PostgreSQL互換インターフェイス版)

対応OS Windows日本語版 Vista / 7 / 8 / 10 / 2008 Server / Server 2012 / Server 2012 R2
64bitOS, 32bitOS両対応
対応RDBMS

Symfoware V12.0/V12.3 (PostgreSQL互換インターフェイス)
(Symfoware V12.1/V12.2は動作保証外となります。)
* 接続時に使用するDLLは同じバージョンに合わせる事を推奨します。

文字コード SJIS/Unicode (UTF-8)
その他
  • Microsoft Excel 97以降がインストール済であること。(Excel形式ファイルの出力機能を使用する場合)
  • インターネットに接続可能な環境があること。(※)
  • 64bit Symfowareに対応しています。

【ご注意】
Ver.1とVer.2ではデータベースの接続インタフェースが異なります。
SymfowareV11以前でご利用いただく場合は、
Ver.1をご購入いただく必要がございます。(Ver.1も引き続き販売いたします。)

※ インターネットによるライセンス認証を導入しております。 
製品版としてご利用いただくためには、インターネット接続環境が必要となります。 
なお、製品をインストールするマシンが直接インターネットに接続できない場合でも、 別途インターネット接続可能なマシンがあれば 
ライセンス認証は可能です。詳細な手順についてはライセンス登録手順を参照してください。

SI Object Browser for Symfoware Ver.2 旧バージョン動作環境一覧はこちらからダウンロード可能です。

SI Object Browser for Symfoware Ver.1 / SI Object Browser for Symfoware ReadOnly Edition Ver.1
(ネイティブインターフェイス版)

対応OS Windows日本語版 XP/Vista/7/10/ Server 2003/Server 2008/Server 2012/Server 2012 R2
32bitOSのみ対応
対応RDBMS

Symfoware V9~V12.0/V12.3
(Symfoware V12.1/V12.2は動作保証外となります。)
* Symfoware ODOSドライバがインストール済みであること

文字コード SJISのみ対応(UNICODE 非対応)
その他
  • インターネットに接続可能な環境があること。(※)
  • Microsoft Excel 97以降がインストール済であること(EXCEL出力機能で使用)

※ インターネットによるライセンス認証を導入しております。 
製品版としてご利用いただくためには、インターネット接続環境が必要となります。 
なお、製品をインストールするマシンが直接インターネットに接続できない場合でも、 別途インターネット接続可能なマシンがあれば 
ライセンス認証は可能です。詳細な手順についてはライセンス登録手順を参照してください。

SI Object Browser for Symfoware Ver.1 旧バージョン動作環境一覧はこちらからダウンロード可能です。

SI Object Browser ガイドブック