動作環境

SI Object Browserの動作環境

データベース開発支援ツール SI Object Browser の動作環境は以下の通りです。

SI Object Browser for Oracle Ver.14

対応OS Windows日本語版 7 / 8.1 / 10 /
Server 2008 / Server 2008 R2 / Server 2012 / Server 2012 R2 / Server 2016
対応RDBMS

Oracle Database 10.1.0~12.2.0
Oracle Database と Oracle クライアントは、同一バージョンの使用を推奨しております。

対応クラウド

・Oracle Database Cloud Service
* Database Cloud Service への SSH 接続を行う場合は、Oracle が推奨 する方法を利用してください。
・Amazon EC2
・Amazon RDS

文字コード

SJIS/Unicode

* UTF-8環境では、LOB型データ編集やファイル出力時に
BOM(Byte Order Mark)を削除する動作となります。

その他
  • Oracleクライアントがインストール済で、かつSQL*Plusで接続可能であること。
  • Oracle クライアントのビット数と、SI Object Browser のビット数が同じであること。(※1)
  • Microsoft Excel 2010 以降がインストール済みであること。(レポート出力機能で使用)
  • インターネットに接続可能な環境があること。(※2)

※1 32 ビット版は「x86」フォルダ内のインストーラを、 64 ビット版は「x64」フォルダ内のインストーラをご利用ください。
※2 SI Object Browser for Oracle ではインターネットによるライセンス認証を導入しております。 製品版としてご利用いただくためには、インターネット接続環境が必要となります。 なお、製品をインストールするマシンが直接インターネットに接続できない場合でも、 別途インターネット接続可能なマシンがあればライセンス認証は可能です。
※旧バージョンの対応OS/対応RDBMSはFAQの「動作環境について」をご確認ください。

SI Object Browser for SQL Server 18

対応OS Windows日本語版 7 / 8 / 8.1 / 10 /
Server 2008 / Server 2008 R2 / Server 2012 / Server 2012 R2 / Server 2016
対応RDBMS

SQL Server 2008 ~ 2017 *
Azure SQL Database

* 接続先の対応SQL Serverバージョンになります。
なお、動作には「SQL Server Native Client 11」が必要です。
* SP1(Service Pack)などの制限はございません。

文字コード SJIS/Unicode
* Unicode環境では、LOB型データ編集やファイル出力時に
BOM(Byte Order Mark)を削除する動作となります。
その他
  • Microsoft Excel(2010以降)がインストール済であること(EXCEL出力機能で使用)
  • 64bit Windows OS に対応しています。

※旧バージョンの対応OS/対応RDBMSはFAQの「 動作環境について」をご確認ください。

SI Object Browser for DB2 Ver.1

対応OS Windows日本語版 XP/2003 Server/Vista/2008 Server/7
対応RDBMS

DB2 for Linux, UNIX, and Windows 9.1~9.7

* DB2クライアントがインストール済で、かつ接続可能であること。

文字コード SJISのみ対応(UNICODE 非対応)
その他
  • Microsoft Excel 97以降がインストール済であること(EXCEL出力機能で使用)

SI Object Browser for HiRDB Ver.1

対応OS Windows日本語版 XP/2003 Server/Vista/2008 Server/7
対応RDBMS

HiRDB 08-04~09-04

* HiRDB Runtime(HiRDB付属)がインストール済みであること

文字コード SJISのみ対応(UNICODE 非対応)
その他
  • Microsoft Excel 97以降がインストール済であること(EXCEL出力機能で使用)

SI Object Browser for Symfoware Ver.2

対応OS Windows日本語版 Vista / 7 / 8 / 10 /
2008 Server / Server 2012 / Server 2012 R2
対応RDBMS

Symfoware V12.0/V12.3 (PostgreSQL互換インターフェイス)
(Symfoware V12.1/V12.2は動作保証外となります。)

FUJITSU Software Enterprise Postgres 9.5

* 接続時に使用するDLLは同じバージョンに合わせる事を推奨します。

文字コード SJIS/Unicode (UTF-8)
その他
  • Microsoft Excel 97以降がインストール済であること(EXCEL出力機能で使用)
  • 64bit WindowsOS、64bit Symfowareに対応しています。

【ご注意】
Ver.1とVer.2ではデータベースの接続インタフェースが異なります。
SymfowareV11以前でご利用いただく場合は、
Ver.1をご購入いただく必要がございます。(Ver.1も引き続き販売いたします。)

SI Object Browser for Symfoware Ver.1

対応OS Windows日本語版 XP/Vista/7/10/
Server 2003/Server 2008/Server 2012/Server 2012 R2
対応RDBMS

Symfoware V9~V12.0/V12.3

(Symfoware V12.1/V12.2は動作保証外となります。)

* Symfoware ODOSドライバがインストール済みであること

文字コード SJISのみ対応(UNICODE 非対応)
その他
  • Microsoft Excel 97以降がインストール済であること(EXCEL出力機能で使用)

SI Object Browser for Postgres 18

対応OS Windows日本語版 7 / 8.1 / 10 / Server 2008 / Server 2008 R2 / Server 2012 / Server 2012 R2
対応RDBMS

PostgreSQL Ver.9.3~9.6, 10.1
EDB Postgres Ver.9.3~9.6, 10.1

文字コード SJIS/Unicode (UTF-8)
その他
  • Microsoft Excel (2010以降) がインストール済みであること
    (レポート出力機能で使用)
  • インターネットに接続可能な環境があること
  • EDB Postgresサーバーに接続して「バックアップ」「リストア」機能を利用する場合は、本製品はDBサーバーと同じビット数のクライアント端末でご利用ください。

※ SI Object Browserをインストールする端末のOSバージョンとなります。 接続するデータベースサーバのOSは上記以外(Linux,Solaris等)でも構いません。
※ 製品を使用する前に、インターネットにてライセンス登録を行っていただく必要があります。 詳細についてはSI Object Browser ライセンスの登録手順をご覧ください。
※ 64ビット版OS、仮想環境での動作については、FAQをご覧ください。
※ 全製品の対応OSには、SP1(Service Pack)などの制限はございません。 表中に記載されているOSのうち、メーカー側でサポート保障外となったOSについては、 弊社側で対応可能な限りサポートいたします。 (OS固有の不具合については対応できない場合がございますのでご了承ください。)

SI Object Browser ReadOnly Editionの動作環境

データベース運用ツール SI Object Browser ReadOnly Edition の動作環境は以下のとおりです。

SI Object Browser for Oracle Ver.14 ReadOnly Edition

対応OS Windows日本語版 7 / 8.1 / 10 /
Server 2008 / Server 2008 R2 / Server 2012 / Server 2012 R2 / Server 2016
対応RDBMS

Oracle Database 10.1.0~12.2.0
Oracle Database と Oracle クライアントは、同一バージョンの使用を推奨しております。

対応クラウド

・Oracle Database Cloud Service Database
* Database Cloud Service への SSH 接続を行う場合は、Oracle が推奨 する方法を利用してください。
・Amazon EC2
・Amazon RDS

文字コード

SJIS/Unicode

* UTF-8環境では、LOB型データ編集やファイル出力時に
BOM(Byte Order Mark)を削除する動作となります。

その他
  • Oracleクライアントがインストール済で、かつSQL*Plusで接続可能であること。
  • Oracle クライアントのビット数と、SI Object Browser のビット数が同じであること。(※1)
  • Microsoft Excel 2010 以降がインストール済みであること。(レポート出力機能で使用)
  • インターネットに接続可能な環境があること。(※2)

※1 32 ビット版は「x86」フォルダ内のインストーラを、 64 ビット版は「x64」フォルダ内のインストーラをご利用ください。
※2 SI Object Browser for Oracle ではインターネットによるライセンス認証を導入しております。 製品版としてご利用いただくためには、インターネット接続環境が必要となります。 なお、製品をインストールするマシンが直接インターネットに接続できない場合でも、 別途インターネット接続可能なマシンがあればライセンス認証は可能です。
※旧バージョンの対応OS/対応RDBMSはFAQの「動作環境について」をご確認ください。

SI Object Browser for SQLServer 18 ReadOnly Edition

対応OS Windows日本語版 7 / 8 / 8.1 / 10 /
Server 2008 / Server 2008 R2 / Server 2012 / Server 2012 R2
対応RDBMS

SQL Server 2008 ~ 2017 *
Azure SQL Database

* 接続先の対応SQL Serverバージョンになります。
なお、動作には「SQL Server Native Client 11」以上が必要です。

* SP1(Service Pack)などの制限はございません。

文字コード

SJIS/Unicode

* Unicode環境では、LOB型データ編集やファイル出力時に
BOM(Byte Order Mark)を削除する動作となります。

その他
  • Microsoft Excel(2010以降)がインストール済であること(EXCEL出力機能で使用)
  • 64bit Windows OS に対応しています。

SI Object Browser for DB2 Ver.1 ReadOnly Edition

対応OS Windows日本語版 2000/XP/2003 Server/Vista/2008 Server/7
対応RDBMS

DB2 for Linux, UNIX, and Windows 9.1~9.7

* DB2クライアントがインストール済で、かつ接続可能であること。

文字コード SJISのみ対応(UNICODE 非対応)
その他
  • Microsoft Excel 97以降がインストール済であること(EXCEL出力機能で使用)

SI Object Browser for HiRDB Ver.1 ReadOnly Edition

対応OS Windows日本語版 XP/2003 Server/Vista/2008 Server/7
対応RDBMS

HiRDB 8.0.4~9.2.2

* HiRDB Runtime(HiRDB付属)がインストール済みであること

文字コード SJISのみ対応(UNICODE 非対応)
その他
  • Microsoft Excel 97以降がインストール済であること(EXCEL出力機能で使用)

SI Object Browser for Symfoware Ver.2 ReadOnly Edition

対応OS Windows日本語版 Vista/7/8/10/2008 Server/Server 2012/Server 2012 R2
対応RDBMS

Symfoware V12.0/V12.3 (PostgreSQL互換インターフェイス)
(Symfoware V12.1/V12.2は動作保証外となります。)

FUJITSU Software Enterprise Postgres 9.5

* 接続時に使用するDLLは同じバージョンに合わせる事を推奨します。

文字コード SJIS/Unicode (UTF-8)
その他
  • Microsoft Excel 97以降がインストール済であること(EXCEL出力機能で使用)
  • 64bit WindowsOS、64bit SymfowareV12に対応しています。

【ご注意】
Ver.1とVer.2ではデータベースの接続インタフェースが異なります。
SymfowareV11以前でご利用いただく場合は、
Ver.1をご購入いただく必要がございます。(Ver.1も引き続き販売いたします。)


SI Object Browser for Symfoware Ver.1 ReadOnly Edition

対応OS Windows日本語版 XP/Vista/7/10/
Server 2003/Server 2008/Server 2012/Server 2012 R2
対応RDBMS

Symfoware V9~V12.0/V12.3
(Symfoware V12.1/V12.2は動作保証外となります。)

* Symfoware ODOSドライバがインストール済みであること

文字コード SJISのみ対応(UNICODE 非対応)
その他
  • Microsoft Excel 97以降がインストール済であること(EXCEL出力機能で使用)
  • 64ビット版OS、仮想環境につきましては正式対応しておりません。

SI Object Browser for Postgres 18 ReadOnly Edition

対応OS Windows日本語版 7 / 8.1 / 10 / Server 2008 / Server 2008 R2 / Server 2012 / Server 2012 R2
対応RDBMS

PostgreSQL Ver.9.3~9.6, 10.1
EDB Postgres Ver.9.3~9.6, 10.1

文字コード SJIS/Unicode (UTF-8)
その他
  • Microsoft Excel (2010以降) がインストール済みであること
    (レポート出力機能で使用)
  • インターネットに接続可能な環境があること
  • EDB Postgresサーバーに接続して「バックアップ」「リストア」機能を利用する場合は、本製品はDBサーバーと同じビット数のクライアント端末でご利用ください。

※ SI Object Browserをインストールする端末のOSバージョンとなります。 接続するデータベースサーバのOSは上記以外(Linux,Solaris等)でも構いません。
※ 製品を使用する前に、インターネットにてライセンス登録を行っていただく必要があります。 詳細についてはSI Object Browser ライセンスの登録手順をご覧ください。
※ 64ビット版OS、仮想環境での動作については、FAQをご覧ください。
※ 全製品の対応OSには、SP1(Service Pack)などの制限はございません。 表中に記載されているOSのうち、メーカー側でサポート保障外となったOSについては、 弊社側で対応可能な限りサポートいたします。 (OS固有の不具合については対応できない場合がございますのでご了承ください。)

SI Object Browser 中国語版の動作環境

SI Object Browser 中国語版の動作環境は以下のとおりです。

SI Object Browser for Oracle Ver.12 中国語版

対応OS Windows簡体中文版 Vista/2008 Server/7/2012 Server/8 ※1
対応RDBMS

Oracle 9.0.1 ~ 11.2.0 *Oracle Clientは9.2.0以降

* Oracle Database / Clientは、同一バージョンでのご利用を推奨しております。

* PSR(Patch Set Release)の制限はございません。

文字コード

Unicode

* Unicode環境では、LOB型データ編集やファイル出力時に
BOM(Byte Order Mark)を削除する動作となります。

その他
  • Oracleクライアントがインストール済で、かつSQL*Plusで接続可能であること
  • Microsoft Excel 97以降がインストール済であること(EXCEL出力機能で使用)
  • インターネットに接続可能な環境があること ※2
  • 64bit WindowsOS、64bit Oracleに対応しています。※3

※1 SI Object Browserをインストールする端末のOSバージョンとなります。 接続するデータベースサーバのOSは上記以外(Linux,Solaris等)でも構いません。
※2 製品を使用する前に、インターネットにてライセンス登録を行っていただく必要があります。 詳細についてはSI Object Browser ライセンス認証をご覧ください。
※3 64ビット版OS、仮想環境での動作については、FAQをご覧ください。
※ 全製品の対応OSには、SP1(Service Pack)などの制限はございません。 表中に記載されているOSのうち、メーカー側でサポート保障外となったOSについては、 弊社側で対応可能な限りサポートいたします。 (OS固有の不具合については対応できない場合がございますのでご了承ください。)

SI Object Browser 製品カタログ

SI Object Browser 製品カタログ

プロジェクト管理ツール「SI Object Browserシリーズ」の特徴をわかりやすくご紹介します。ソフトウェア開発サイクルの生産性を高めるSI Object Browserシリーズは、ソフトウェア開発フェーズ毎に必要となる最適なソリューションを提供しています。

ぜひこの機会にSI Object Browserをご検討ください。

ダウンロード

SI Object Browser 製品カタログ