Oracle タクサンノカラム・・・列を選択して目的のデータまで素早く辿り着け

 2017.01.24  株式会社システムインテグレータ

テーブル画面のデータタブのグリッドにて、項目数が多いテーブルの場合、目的のデータを見つけるのに「何処まで右にスクロールすればいいんだ!!」ってイラっとすることありませんか。

db_grid_00.png

 

そんな時は”データグリッドの行列を入れ替える”ことで見やすくなる場合があります。
左の方にある[矢印]ボタンをクリック。

db_grid_01.png

 

すると、行列が入れ替わり、見やすくなる場合があります。

db_grid_02.png

 

また、あらかじめ表示列を絞ってしまうというのも手です。
表示する列を絞るには下記のボタンをクリックし、

db_grid_10.png 

表示する列を選択

db_grid_11.png

 

目的の列のみスッキリと表示することが出来ます。

db_grid_12.png

これらの機能はテーブルの項目数が多ければ多いほど光ります。

いまさら聞けない Oracleの基本

RELATED POST関連記事


RECENT POST「【OBトコ】OBを便利に使おう」の最新記事


【OBトコ】OBを便利に使おう

SI Object Browserを他のデータベースツールと比較してのメリット

【OBトコ】OBを便利に使おう

Oracle 表・列(テーブル・カラム)機能の活用法

【OBトコ】OBを便利に使おう

Oracle 19c 新機能 開発者用リアルタイムSQLモニタリング をOBでためそう

【OBトコ】OBを便利に使おう

Oracle タイムアウトを抑制してOBを快適に使おう

Oracle タクサンノカラム・・・列を選択して目的のデータまで素早く辿り着け
新規CTA

新規CTA
ブログ購読のお申込み

RANKING人気資料ランキング

RANKING人気記事ランキング

RECENT POST 最新記事