データベースの種類を増やし続けてきた「SI Object Browser 20年」を振り返って

 2017.09.22  株式会社システムインテグレータ

セミナーレポート

SI Object Browserは多くのエンジニアにご愛用いただきながら、販売20周年を迎えました。感謝の想いをこめて、東京、大阪、名古屋、福岡、札幌で全国セミナーを実施いたしました。今回は番外編ということで、セミナーレポートをお届けいたします。

SI Object Browser 20周年 全国横断セミナー

主催 株式会社システムインテグレータ

開催日/

会場

(福岡)2017420日(木)JR博多シティ会議室 アミュプラザ

(名古屋)2017522日(月)ウインクあいち

(大阪)2017726日(水)ブリーゼプラザ

(東京)201784日(金)大手町サンケイプラザ

(札幌)201797日(木)札幌国際ホール

Object Browserの対応データベースの種類を振り返る

オープニングセッションでは、弊社取締役兼Object Browser事業部長の鈴木より、Object Browserの歴史について振り返りました。

ob20-1.png

1997年に産ぶ声を上げた製品はデータベース開発ツール『SI Object Browser』でした。

当時のデータベースはOracleが主流だったことからOracle版のみでしたが、2000年以降からSQL Server等のバイリンガルでシステム開発するユーザーが増えてまいりました。弊社でもこれらのデータベース種類をカバーすることを目的に、主要商用DBやオープンソースDBをカバーし、現在は、お使いデータベースに限らずObject Browserを使えるかたちとなっています。

弊社が次に目指したのは「ソフトウェアの開発全体のサポート」です。現在では開発工程にとどまらず、設計工程をカバーする『SI Object Browser ER』『SI Object Browser Designer』、プロジェクト管理をカバーする『SI Object Browser PM』など、徐々にカバー範囲を拡大し、現在は1万6000社、36万ライセンスの実績をもつIT業界のデファクトスタンダード的ソフトウェアに成長いたしました。
今後もよりソフトウェア開発全体の合理化をミッションに、機能拡充を拡げてまいります。

SI Object Browserをより活用する

最新バージョンではDBアプリケーションの開発支援機能にとどまらず、テストや運用工程で役立つ機能も搭載しています。
次のセッションではObject Browser事業部 担当マネージャーの後迫より、結合テスト向けに大量データを高速に作る「データ生成」や、エラー行を特定できる「SQL*Plus連携」、テーブルの件数を簡単に調べる方法等、『SI Object  Browser』の豊富な機能の中でも特にマニアックな機能を紹介しました。あまり使われていないけど役立つ機能を紹介しました。アンケートでは「今日会社に帰ってすぐに使います!」等、全体的に好評でしたが、「もっとマニアックな内容を扱ってほしかった」などの手厳しいご意見もありました。
Object BrowserのTIPSについては当OBブログでもご紹介してまいります!


データベースの種類や歴史から「データベースのこれから」を考える

 ob20-2.png

また、当社取締役社長 梅田、開発者の後迫・東京・大阪会場では株式会社アシストも交え「データベースのこれから」について語りました。1990年代はオンプレミス・リレーショナル型であるOracleが定着していましたが、2000年代後半からはPostgreSQL等のオープンソースDBも機能追従し、コストメリットのあるオープンソースを選択するなど、バイリンガルな時代となりました。DBエンジニアにとっては、選択肢が増えたことで喜ぶユーザーがいた一方、細かな違いを覚えるのが大変になるという苦労話もこぼれました。昨今では、クラウドサービス(Paas)やインフラ面を自動化する流れ、インメモリや・BI業務向け列指向データベースに代表される「特定の目的に特化する」流れやってきており、今後も傾向は高くなっていくものと考えています。

ob20.png

OBユーザーのMVPを決めるクイズ大会も

また、最後にObject Browserに最も詳しいユーザー様を決定するためのクイズ大会を実施いたしました!○×形式で出題となり、最も多く解けた人がMVPとなります。以下は実際に出題した問題ですが、解けますでしょうか?

ob20-3.png

正解は×です(Object Browserのプログラミング言語はDelphi)。ある会場では利用経験が2ヶ月の方が優勝するサプライズや、弊社スタッフが答えを言ってしまうハプニングもありましたが、非常に盛り上がりました。もしかすると大規模にした全国大会も実施するかもしれません(?)

最後に

 全国総勢268名のSI Object Browserファンの方にご参加いただきました。
「20周年おめでとうございます」等、多くの励ましの声もいただき、改めてユーザー様に支えられて20周年を迎えることができたと改めて感じました。
セミナーでいただきました製品の改善要望も含め、今後も末永く提供を続けてまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

CTA

RELATED POST関連記事


RECENT POST「リリース情報」の最新記事


リリース情報

【製品情報】SI Object Browser for Postgres 18リリースのお知らせ

リリース情報

【製品情報】SI Object Browser for SQL Server 18リリースのお知らせ

リリース情報

【製品情報】SI Object Browser for Oracle 19リリースのお知らせ

リリース情報

【製品情報】SI Object Browser for Oracle 21リリースのお知らせ

データベースの種類を増やし続けてきた「SI Object Browser 20年」を振り返って