SI Object Browser ハンズオンセミナー

 2011.06.29  株式会社システムインテグレータ

データベース構築を応援する
SI Object Browser初の実践セミナー

主催 株式会社システムインテグレータ
会期 2011年6月29日(火)13:30~17:00
会場 全国情報産業年金基金 JJK会館2F
 SI Object Browser初の実習セミナーを開催いたしました! 本セミナーの狙いは、Oracleを題材に、実業務で使われているSI Object BrowserおよびSI Object Browser ERを使用して、設計やパフォーマンスチューニングを体感していただくことでした。なお、設計のセミナーでは、データベース設計のセッションを社長の梅田が担当させていただきました。

 当日は予定よりも多くの皆様にご参加いただき、スタッフ一同感謝申し上げます。また、今回、ご参加できなかった皆様のために、本セミナーの概要を各セッションごとにご紹介いたします。

ERツールを使った楽々データベース設計

umeda-1.jpg 代表取締役社長
梅田 弘之 

システム開発の効率化・合理化が進む一方で、まだExcelとSQLスクリプトでデータベースの設計を行っている方が多く見受けられます。このへんで専用ツールを使ってきれいな設計を行う方法を体感してみましょう。当セッションでは、データモデリングツール「SI Object Browser ER」を使用して、データベース設計を行うポイントをご説明しました。また、ドメインの活用法や、あまり知られていない設計テクニックをご説明しました。

1.jpg

便利な機能例その1「サブモデル」。大規模システムでもサブ機能ごとにシートを分割することで、見やすいER図に保ち、複数者による設計が可能となります。

2.jpg

便利な機能例その2「ドメイン」。ドメインとは属性名やデータ型などをディクショナリ化する機能です。ドメインを活用することによりエンティティ間で属性名のバラつきなどの不整合をなくすることができます。

※上記の図は、SI Object Browserガイドブックに対応しています。 

OBで「いとも簡単!」パフォーマンスチューニング

ushirozako.jpg 製品企画本部 OB開発グループ
後迫 潤

データベース開発に関するお役立ち資料

実際にパフォーマンス問題に悩まされた際、どこから手をつけてよいのかわからない方もいらっしゃると思います。当セッションでは、データベースのアーキテクチャ的な視点から、なぜパフォーマンスが遅くなるのかの原理を説明し、SI Object Browserを使用して実稼働のアプリケーションからボトルネックを抽出する方法から、インデックスによるチューニングまでの操作方法をご説明しました。その他、I/O負荷を軽減するパーティショニングや、メモリチューニングの方法などを時間の余る限りご説明しました。

3.jpg

パフォーマンスが悪化する例。実稼働中のアプリケーションが急に遅くなるケースの多くは、効率の悪いSQLによりメモリキャッシュ機能が使用されなくなることで発生します。

4.jpg

 

SI Object Browserによる自動チューニングの流れ。GUIの操作でボトルネック調査からチューニングまで可能です。

参加者の声

 セミナー全体の満足度はいかがだったでしょうか?

 満足した  1
untitled.jpg
 まあよかった  11
 あまり良くなかった  2
 不満  0
 未回答  1

 【Part1】「ERツールを使った楽々データベース設計」

 役に立った  12
untitled2.jpg
 普通  3
 あまり役に立たない  0
未回答  0

【Part2】「OBで「いとも簡単!」パフォーマンスチューニング」 

 役に立った  10  untitled3.jpg
 普通  4
 あまり役に立たない  0
 未回答  1

■皆様からのご意見 【Part1】「ERツールを使った楽々データベース設計」

・サブモデルの存在を知りませんでした。複数のシステムから参照しているテーブルを
どのように管理すればいいか悩んでいたので、役立ちます。
・ペースが速くて追いつくのがやっとだった。
・ちょっとDBに接続できない等の問題はありますが、知らない知識も多く、よかったと思います。
・知らない機能がたくさんありました。
・Table生成が楽になりそう。
・マニュアルを見ないで利用しているので、便利な機能を知ることができた。
・ERを使用したことがなかったので、エンティティ定義書等設計書が実際に作られるところを体験できてよかったです。
・準備などで話の流れについていけず、またついていってもついていくのにいっぱいいっぱいで内容が頭に入ってこなかった。
・ネットワークにつながらず、講義を聞き逃した分があり、惜しかったです。

皆様からのご意見 【Part2】「OBで「いとも簡単!」パフォーマンスチューニング」

・以前、Oracle9iでオプティマイザの勉強をしたことがるので、復習になりました。
トレースが非常に簡単にできるのが便利だと感じました。
・統計情報を見るなどは知っていましたが、インデックスアドバイザやバインド変数等は知らなかったので、今後使ってみようと思います。
・実行計画の見方などわかりやすく説明がありよかった。パフォーマンスチューニングについての初歩はわかったと思う。
・チューニングができることがわかりました!
・内容はとても参考になりました。もう少し作業時間が欲しかったです。
・SI Object Browser9は少し使用したことがありましたが、新しい機能に触れられ、速度の遅いSQLを見つける等便利だなと感じました。
・こちらは自分の知識不足で紹介された話がどう役立つのかいまいち理解できなかった。
・ERとチューニングは分けて半日ずつにしていただければ、より充実するように思います。

最後に

初めての実機セミナーでしたので、弊社も不安でしたが、製品のあまり知られていない便利機能を実操作にて体験していただき、非常にご好評いただけたと思います。一方、「メモを書くので精一杯だった」「もっと時間が欲しかった」という意見もありました。また、当日は実機の準備作業のトラブルにより、大変ご迷惑をおかけいたしました。弊社の準備不足でしたことを深くお詫び申し上げます。このような点は改善しながら、今後もユーザーの役に立つハンズオンセミナーを実施してまいりますので、今後ともぜひご期待ください!


 

[セミナーに関するお問い合わせ]
株式会社システムインテグレータ SI Object Browser セミナー窓口
TEL:048-600-3883    Mail:oob@sint.co.jp


 
新規CTA

新規CTA
新規CTA

RELATED POST関連記事


RECENT POST「コラム」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!
OBトライアル
ブログ購読のお申込み

RANKING人気資料ランキング

RANKING人気記事ランキング

RECENT POST 最新記事