Oracle ログインパスワードを変更する

 2020.08.24  株式会社システムインテグレータ

Oracleログインパスワードを変更する

皆さんはOracleデータベースのユーザーを管理する際、ユーザーのパスワード変更はどのように行っていますでしょうか。
ユーザーのパスワード変更は、ALTER文のSQLを手動で実行する方法が一般的かと思います。

Oracleデータベースに精通している方であれば、ユーザーのパスワード変更を行うALTER文を、目をつぶっていても書けるかと思いますが、そうでない場合は書き方を調べないといけません。
そのような時間はもったいないので、SI Object Browser(以下OB)を使って、GUIベースで簡単にパスワード変更を行いましょう。

ログインパスワードを変更する

OBでは、ユーザー画面からパスワード変更を行うことができます。
ユーザー画面の呼び出しは、ツールバーよりユーザー情報画面を開き、対象ユーザーの行をダブルクリックします。

image1
ユーザー画面の呼び出し

ユーザー画面では、「パスワード」「確認入力」の欄があるので、変更後のパスワードを入力します。
入力した文字は「●」でマスキングされ、内容を覗くことはできません。

image2
ユーザー画面でパスワード変更

変更後のパスワードを入力したら、作成ボタンをクリックすると変更内容が反映されます。
この時、OBは自動的にALTER文を作成し、SQLを実行します。

image3
OBが実行しているSQL

ALTER文を調べたり書いたりしなくても、一般的なユーザー管理を伴うアプリケーションと同様、GUIベースでパスワードを変更することができました。

パスワードの大文字、小文字を区別する

ご利用のOracleデータベースで、パスワードの大文字、小文字を区別するような設定になっている場合でも、OBでスワードを変更することが可能です。
パスワードに大文字、小文字を含める場合は、事前にオプションの設定を確認、変更してください。

image4
オプション画面の呼び出し

オプション画面では詳細設定タブで確認、変更を行います。

image5
オプションの確認、変更

「英小文字のオブジェクト名を利用可能にする」をONにすると、パスワード変更のSQLを実行する際に、パスワードがダブルクォーテーションで囲われます。
これにより、大文字、小文字を区別してパスワードを設定することが可能です。

image6
OBが実行しているSQL

データベース開発に関するお役立ち資料

OBの接続情報も変更する

もし、OBのログオン画面で接続情報を保存している場合は、パスワードを変更して接続先リストに登録しなおしておきましょう。

image7
接続情報の更新

変更後のパスワードを入力し、「接続先リストに登録する」をONにして接続すると、登録情報が更新されます。一度接続が成功しないと、登録情報が更新されない点にご注意ください。

Oracleログインパスワードを変更する まとめ

いかがでしたか?今回はOBにおけるユーザーのパスワード変更についてご紹介しました。パスワード変更は一般的な手続きですが、データべース管理においてはとても重要で、システムによっては頻度も多くなります。

OBの真骨頂ともいえる、GUIベースによるデータベース管理の一つとなっていますので、データベース管理、ユーザー管理を効率よく行えるようご活用ください。

新規CTA

新規CTA
新規CTA

RELATED POST関連記事


RECENT POST「OBをトコトン極める」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!
新規CTA
ブログ購読のお申込み

RANKING人気資料ランキング

RANKING人気記事ランキング

RECENT POST 最新記事