データ生成ツール ~開発時のテストデータ作成におすすめ!~

 2016.12.15  株式会社システムインテグレータ

本日は「データ生成ツール」を使ってみようと思います。
本機能は既存のテーブルに、一定のルールの元でデータを投入することができます。

通常の開発フェーズではあまり使用しないかもしれませんが、
「データ件数が多くなった際のパフォーマンス」や
「テーブルのデータ量の推移」を手軽に見れないかなと考えている方には必見です。

datagen_001.png

ではまず始めに「データ生成ツール」が出来ることを確認していきたいと思います。

・大量のデータのINSERTとUPDATEができる(億単位のオーダーは流石に厳しいかも)
・親子関係のリレーションを考慮できる
・マスタテーブルの考慮が出来る

大体この3点を頭の片隅に置いておけば問題ありません。
次に操作の大まかな流れについてですが、下記の流れで作成できます。

・何件作るかを入力

  →・各列にセットする値のルールを設定

    →・テストプレビュー

データベース開発に関するお役立ち資料

      →・データ生成実行

それでは画像を見ながら操作を追っていきましょう。

まず、何件作るかを入力。今回は1万件作成してみましょう。

datagen_002.png

次に中心のリストを選択して、各列ごとセットする値のルールを設定します。
ここが、データ生成のメインの設定となります。必要に応じてじっくりと設定してください。

datagen_003.png

設定が終わったと思ったら[テスト]ボタンを押下。
現在の設定内容で実行した場合のプレビューが見れます。

datagen_004.png

datagen_005.png

プレビューに問題が無ければそのまま[実行]ボタンを押下。
データ生成を実行します。

datagen_006.png

モリモリとデータがINSERTされていきます。今回は1秒程度で出来ました。

datagen_007.png

テーブルデータを確認すると、しっかりとデータが作成されてます。

datagen99.png

しかしながら、出来たデータは味気ない乱数値であります。
本当に欲しいのは下記のようなデータですよね。

datagen_008.png

もちろん出来ますよ。OBなら”それっぽいデータ”が作れます。

次回は”それっぽいデータ”や凝ったデータを入れるための
<データ生成の列の設定>について見ていきます。

いまさら聞けない Oracleの基本

RECENT POST「OBをトコトン極める」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!