Oracle 運用にも便利!「ユーザー定義コマンド」でラクチン実行

 2016.10.28  株式会社システムインテグレータ

OBには「ユーザー定義コマンド」という機能があるのですが、ご存知でしょうか。
正直影の薄い存在ですので、知らない方も多いかと思います。

ユーザー定義_001.png

使い方は下の画像のように入力・登録することで

データベース開発に関するお役立ち資料

ユーザー定義_002.png

オブジェクトリストの右クリックメニューにボタンが登録されます。

ユーザー定義_003.png

押下することで登録した内容が実行される機能です。
(下記ではEMPLOYEEテーブルの件数が結果に出ています。)

ユーザー定義_004.png

[&OWNER][&NAME]と記述した部分が
オブジェクトリストで選択しているスキーマ名・オブジェクト名で置換されているので、
下記のようなSQLでOBではリストアップされてない項目の確認とかに使うことも出来ます。

SELECT * FROM ALL_TABLES
WHERE
OWNER = ‘&OWNER’
AND TABLE_NAME = ‘&NAME’
/

正直、使いどころが難しい機能ですが、
意外なところで活躍できる可能性を持つ機能です。

いまさら聞けない Oracleの基本

RECENT POST「OBをトコトン極める」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!