SI Object Browser for Oracle V13.1の新機能

 2016.10.13  株式会社システムインテグレータ

「SI Object Browser for Oracle Ver.13.1」(以下 V13.1)は、ユーザーの使い勝手向上のため、操作の基本になるエディタ部分の改修をメインに行いました。ここでいくつか新しくなったエディタの紹介をしていきます。

より見やすい表示やフォントスタイルを変更

いままで画面下半分は常に結果グリッドが表示されていましたが、SQL実行まで非表示に変更しました。下の画像にある赤枠のボタンで任意の開閉が行えます。 

editor_00_4.png

新しく増設されたツールバー

今まで右クリックで呼び出していた機能へのアクセスが1アクションで可能となりました。

データベース開発に関するお役立ち資料

editor_00_1.png

エディタをより便利にするツールパレット

SQLの記述をサポートするツールパレット。
ドラッグ&ドロップでオブジェクト名をエディタに記述できます。

editor_01.png

ツールパレットの逆引き検索

親オブジェクトが調べられます。
画像では「COMP_CODE」の親オブジェクト(テーブル)が表示されています。

editor_02.png

SQLのプログラムソース化

プログラム用の文法で文字列化して出力します。
[+]ボタンでカスタマイズしたルールも追加できます。

editor_03.png

いまさら聞けない Oracleの基本

RECENT POST「OBをトコトン極める」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!