SI Object Browser for Oracle V13.1の新機能

 2016.10.13  株式会社システムインテグレータ

「SI Object Browser for Oracle Ver.13.1」(以下 V13.1)は、ユーザーの使い勝手向上のため、操作の基本になるエディタ部分の改修をメインに行いました。ここでいくつか新しくなったエディタの紹介をしていきます。

より見やすい表示やフォントスタイルを変更

いままで画面下半分は常に結果グリッドが表示されていましたが、SQL実行まで非表示に変更しました。下の画像にある赤枠のボタンで任意の開閉が行えます。 

editor_00_4.png

新しく増設されたツールバー

今まで右クリックで呼び出していた機能へのアクセスが1アクションで可能となりました。

新規CTA
新規CTA

editor_00_1.png

エディタをより便利にするツールパレット

SQLの記述をサポートするツールパレット。
ドラッグ&ドロップでオブジェクト名をエディタに記述できます。

editor_01.png

ツールパレットの逆引き検索

親オブジェクトが調べられます。
画像では「COMP_CODE」の親オブジェクト(テーブル)が表示されています。

editor_02.png

SQLのプログラムソース化

プログラム用の文法で文字列化して出力します。
[+]ボタンでカスタマイズしたルールも追加できます。

editor_03.png

いまさら聞けない Oracleの基本

RELATED POST関連記事


RECENT POST「製品やサポート関連」の最新記事


製品やサポート関連

SI Object Browserへの要望が簡単に投稿できるようになりました

製品やサポート関連

SI Object Browser for Oracle 21 新機能紹介

製品やサポート関連

ライセンスの正しい利用方法

製品やサポート関連

Oracle サポート情報を問題解決に役立てる

SI Object Browser for Oracle V13.1の新機能
新規CTA

新規CTA
ブログ購読のお申込み

RANKING人気資料ランキング

RANKING人気記事ランキング

RECENT POST 最新記事