SI Object Browser PM ライト版 製造業向け

製造業向けプロジェクト管理

SI Object Browser PM ライト版 製造業向けとは?

部SI Object Browser PM ライト版 製造業向けは、生産設備などの機械メーカーや製品開発を行う製造業に最適なプロジェクト管理ツールです。

SI Object Browser PM ライト版 製造業向けを活用することで、進捗管理や要員管理、工数管理など、製造業のプロジェクト管理の課題解決をすることが可能になります。

SI Object Browser PM ライト版 製造業向けとは?

よくある製造業でのプロジェクト管理の悩みを解決

プロジェクト管理ができていないと、納期やコストを圧迫します。
製造業の多くは下記のようなプロジェクト管理に関する悩み多くを抱えています。
OBPM ライト版 製造業向けを導入することで、悩みを解消して、プロジェクトの標準化、見える化を実現できます。

  • モノとお金の動きや材料の手配状況はわかるが、製品の進捗状況はわからない。
  • 製品開発や機械設置プロジェクトの進捗が見たい
  • 勘と経験によって計画が立てられており、損益予測の精度が悪い
  • 日報、勤怠、工数管理など、報告業務と現場作業が多く、毎日入れられない
  • 数か月先のリソース計画があいまいで、新規商談計画が立てにくい
  • 各部門毎に管理がばらばらで、共有されていないので状況がわからない

ドメイン(テンプレート)を利用したプロジェクト標準を作り、簡単にスタート

製品やユニット毎、部門毎に標準的な作業工程や成果物などの標準パターンをドメイン機能で実現できます。
進捗率や品質チェック項目もテンプレート化も可能です。
熟練者のノウハウをテンプレート化することで、作業の抜け漏れをなくすこともできますし、組織の計画レベルが上がります。
また、計画を簡略化できるので、すばやくプロジェクトを立ち上げて、他の準備に時間を使うことができます。

スケジュール、進捗状況の見える化

ガントチャート機能を使い、標準化された工程、タスクを製番別にスケジュール管理をすることができます。
また、製品別、人別・工程別と様々な切り口で進捗が見えます。
設計部門、ソフト開発部門、製作部門、設置部門それぞれで、複数の製番の工程が同時進行していてスケジュール管理をしていても、全体プロジェクトとして共有できるグループガントチャート機能も搭載。上位工程が遅れれば、すぐに把握できるのですぐに対処することができます。

メンバーの負荷状況がわかる

メンバーは製番別にいくつも作業を兼任しています。
OBPM ライト版 製造業向けで製番別に計画を立てて、各メンバーは工数実績を入力します。工数入力では、自分が担当しているプロジェクトだけが表示され、製番-工程-タスクといったガントチャートと同じ階層で、工数入力することもできます。
見えにくい兼任しているメンバーのタスク状況がわかるだけでなく、メンバー別、製番別の負荷状況や工程・タスクの生産性もわかるため、最適なアサインができます。

製番や工数などの既存システムとの標準連携

既存の生産管理システムから発番された製番や基本情報をOBPM ライト版 製造業向けに連携することが出来ます。また、製番別に計画を立てて、入力された工数を生産管理システムに戻すことが標準機能でできます。
既存システムと連携することで、効率的にプロジェクト管理を行えますし、より精度の高い計画と実績を把握することが可能です。
また、現場も入力負荷の軽減となります。

製番や工数などの既存システムとの標準連携

OBPM ライト版 製造業向けを利用してプロジェクト管理の強化

OBPM ライト版 製造業向けを導入すると、組織で同じツールを利用することで、部門の垣根を超えて状況の見える化が実現できたり、ドメイン(テンプレート)や成功プロジェクトのコピーを利用した標準化を実現することが可能になります。
現場、部門、全社といったそれぞれの立場でOBPM ライト版 製造業向けを利用して、状況把握することで、成功プロジェクトや失敗しない、失敗してもリカバリーできるプロジェクト管理を実現出来ます。

プロジェクト管理ツール:OBPM ライト版 製造業向け基本ガイドブック

プロジェクト管理ツール:OBPM ライト版 製造業向け基本ガイドブック

導入実績シリーズ累計150社を超えるプロジェクト管理ツールだから実現する、SI Object Browser PM ライト版製造業向け。進捗管理・要員管理・工数管理をベースとしたプロジェクト管理機能をわかりやすく紹介します。

ダウンロード

新規CTA