サブスクリプションとパッケージの違いとは?サブスクERPのメリットを解説

 2022.08.31  株式会社システムインテグレータ

現在多くの企業が「サブスクリプション型」のサービス提供を始めています。
従来、ユーザーがERPを使用する場合はライセンスを一括購入するという手段がほとんどではありましたが、サブスクリプションビジネスモデルの普及により、ソフトウェアの分野においても、ライセンスを借りるという手段が利用者側の選択枠として一般化されてきました。当ブログではサブスクリプションを利用してライセンスを借りることのメリットなどをご紹介します。

ERPのキホン~ERPの基礎からDXへの活用まで徹底解説~

サブスクリプションとは

サブスクリプションとパッケージの違いとは?サブスクERPのメリットを解説 1

サブスクリプションは多くの企業が取り入れ始めています。個人であれば音楽配信サービスや動画配信サービスなどが想像しやすいのではないでしょうか。サブスクという略称が良く使われます。

料金を支払うと、一定期間サービスを利用できるというのがサブスクリプションです。商品を「所有」するのではなく、「利用」するというビジネスモデルです。

言葉として「レンタル」混同される場合もありますが、レンタルが原則として返却を前提としているサービスなのに対し、サブスクリプションは料金を支払いさえすれば永続的に利用が可能なサービスという点で違いがあります。

ソフトウェアにおいてもサブスクリプションでの提供が多く始まっていますが、この場合はソフトウェアのアップデートやサポート利用などもサブスクリプションの範囲内の場合が多く、ユーザーは常に最新のサービスを利用することが可能になります。

ERPパッケージのライセンス料金体系について

ERPパッケージは、利用者側の利用する機能、利用する人数を基本に料金体系が定められています。例えば、受注機能は50名利用、会計機能は30名利用というような感じです。利用者側は購入する前に自社の業務状況を把握して、どの機能を何名で利用するかの調査が必要となりますので、あらかじめメーカーやベンダーからしっかりと説明を受けてパッケージの機能構成やオプション内容を理解することが重要です。ここを誤ると後になってから必要機能が漏れたり、購入予算がブレたりすることがあります。

詳しくは過去ブログ「ERPライセンス価格と体系」などもご参考下さい。

サブスクリプションでERPパッケージを利用するということは

サブスクリプションモデルでERPパッケージを導入する最大のメリットは、一括購入と比較して初期費用が少なくて済むことです。但し、長期間で使用した場合、一括購入したほうがトータルコストは安くなることもあるので、他のメリットも考慮して判断することも必要です。他のメリットとは製品にもよりますが、

失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方
新規CTA
  • 利用内容に応じたコストで無駄が生じない
  • 製品機能の継続的なアップグレードを授与出来る
  • 途中でやめる(手放す)ことが出来る

などがあげられます。

逆にデメリットとしては、これも製品によりますが、サブスクリプション料金体系を採用しているSaaS型ERPの場合、自社の要件に応じたカスタマイズが出来ないなどの製品もあるため、利用に応じた製品と料金体系を選択する必要があります。

定額制料金と従量制料金について

利用者側はサブスクリプションで利用しようと決めたら、その料金制とその料金に何が含まれているかの確認は重要です。ERPを導入する場合、ERPパッケージライセンスのほかに、システムを稼働させるインフラが必要になります。例えば以下のようなものです。

  • サーバーなどハードウェアやクラウド環境
  • データベースソフトなどミドルウェア
  • 回線利用
  • 利用に関する問合せなどシステム運用の保守

製品によっては上記が全部含まれているものもあれば、一部は別途料金であったり、自社で用意しないといけない場合もあります。また、料金制も定額制の場合や従量制の場合もあります。

定額制とは文字通り一定金額でユーザーや使用料が増えてもコストの増額は無いため利用者側としては安心でシンプルであるところがメリットとなります。従量制とは基本料金が決められたうえで、更に利用した分だけ支払うため柔軟性に優れ、コストをコントロール出来るメリットがあります。ただ、利用のコントロールをしないと無駄なコストが生じます。一般にクラウドや回線、システム運用保守等は従量制になっているものが多いです。

バックオフィス業務改善ならシステムインテグレータ

多くの企業で人手不足が大きな課題となっていますが、バックオフィス業務にはいまだに属人化した作業やアナログ業務が残っており、企業の成長と発展を阻む大きな壁となっています。
バックオフィスの業務プロセスを最適化することで、コスト削減や属人化の防止だけでなく企業全体の生産性向上にもつながります。
当社はERPをはじめとする情報システムの豊富な導入実績をもとに、お客様一人ひとりのニーズに合わせた最適な改善策を提案します。業務の洗い出しや問題点の整理など、導入前の課題整理からお手伝いさせていただきます。
バックオフィス業務にお悩みをお持ちの方は、お気軽に株式会社システムインテグレータまでご連絡ください。

まとめ

ERPパッケージを導入検討される際、色々な製品を模索し、様々な視点で比較検討が行われると思います。ERPの導入やその後の利用は多大なコストが生じるため、企業にとっても選択を見誤るわけにはいきません。その中にはこのブログで述べたようにERPライセンスの購入があります。一括購入にするのか、それともサブスクリプションで利用料のみを支払うのか、つまり企業として資産計上するのか経費計上するのかという観点でも異なってきます。

システムインテグレータでは、統合型WEB-ERP「GRANDIT」の製品説明デモやハンズオンセミナーを実施しています。もしERPの導入をご検討している場合には、システムインテグレータにお問い合わせいただければ幸いです。

新規CTA

RELATED POST関連記事


RECENT POST「ERP導入」の最新記事


ERP導入

クラウド型ERPの注意すべきポイント|PaaS型とSaaS型で考察

ERP導入

ERPパッケージのバージョンアップとは|メリットや手順について詳しく解説

ERP導入

情報サービス業に求められるERPパッケージ機能を考えてみる

ERP導入

クラウドERPを徹底比較!|ERP稼働時に利用すべきクラウド環境とは?

サブスクリプションとパッケージの違いとは?サブスクERPのメリットを解説

GRANDIT TOPへ

国産ERPパッケージ比較表 2024年最新版

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング