「やっぱり基本のQCD向上に立ち戻ろう」セミナー(東京)

tky-1

~品質・テスト戦略、プロジェクト管理EVM、設計力向上~

開催概要(東京開催)

日時

2019年7月17日(水) 13:30~[受付:12:50〜]

主催 株式会社システムインテグレータ
会場

大手町サンケイプラザ 3F

〒100-0004 東京都千代田区大手町1-7-2

丸の内線、半蔵門線、千代田線、東西線、三田線
「大手町駅」A4・E1出口直結

アクセスマップはこちら>>

参加費 無料(※事前登録制)

プログラム

セッション1

13:30~14:40
 QCDを達成するための品質・テスト戦略

一口にQCDといいますが、実際のプロジェクトにおいては、限られたCD(コストと納期)の中で、Q(品質)を実現しなくてはなりません。テスト専門会社として、年間1,200件以上のプロジェクトに携わるなかで、「上手くいくプロジェクト」には、共通してQCDを達成するための戦略的発想があることに気づかされます。「漏れ抜けなく」しかも「効率的に」品質を確保するためにはどうすればよいのか。上流工程における要求定義と、下流工程におけるテスト設計を中心に、QCD向上の戦略を考察します。

バルテス株式会社
R&C部部長 石原 一宏 氏
ishikawa

セッション2
14:40~15:30
プロジェクト管理でEVMを組織に根付かせ、QCD強化へ

「原価管理で原価の予定と実績だけを見ている」「プロジェクト管理で進捗だけ見ている」このようなマネジメントをしている企業は多いと感じています。QCDをしっかり守っていくためには、本来「原価と進捗の双方」を見ていかなければなりません。その最短ルートはEVMを活用したマネジメントを組織に根付かせることです。ご一緒に導入企業からEVM導入方法を学んでみましょう。

株式会社システムインテグレータ
取締役 鈴木 敏秀

suzuki-1

休憩 15:30〜15:40

セッション3

15:40~16:30
「設計力が成功のカギを握る!良い設計書を書くためのコツ

「生産性が低い」「品質が悪い」などの課題は下流工程に進むほど発覚します。
では下流工程を見直せばよいのでしょうか?答えは「No」です。製品の品質を向上するには上流工程のスキルを高めることが肝要です。本セッションでは上流設計の本質を理解することを目的に、「基本設計と詳細設計の違い」などの基礎的な知識から、良い設計書を書くための設計力向上のポイントを説明します。

株式会社システムインテグレータ
担当マネジャー 後迫 潤
ushirozako

セッション4 パネルディスカッション

 16:30~16:55
「QCDについて語ろう!」
講師とお客様で、トークセッション&質問コーナー

●パネラー
石原 氏、後迫

●モデラー
鈴木

お申込み (東京開催)

Archive「過去のセミナー・イベント」