仕事の生産性を向上させる「健康経営」の取り組みとは~多様なキャリアライフプランを支援するシステム施策・アプローチ方法~

1110

政府の緊急事態宣言発令から半年が経過しました。オンラインでのコミュニケーションや在宅勤務などの普及により、私たちの働き方の価値観、ライフスタイル、企業の就業規則変更、これまでの「あたりまえ」は一変しています。

当セミナーでは、改めてWithコロナにおける変化を捉え、その変化に対応した施策やアプローチ方法などについて実例や調査結果をもとにご紹介できればと思います。

生産性向上や健康経営推進に課題を感じているご担当者様、是非ご参加ください。

開催概要
日時

2020年11月10日(火)14時~15時

参加形式 ウェビナー(Webセミナー)
※ パソコン、タブレット、スマートフォンから視聴可能
定員 80名
費用 無料(事前申込制)
主催 株式会社システムインテグレータ、株式会社empheal
テーマ 健康経営、経営マネジメント、働き方
対象者 経営、経営企画部門、人事部門、システム開発部門

セッション詳細

株式会社システムインテグレータが取り組む
Withコロナ時代における生産性向上施策について

新型コロナウィルスの感染拡大により、不要不急の外出自粛や在宅勤務など、私たちの生活は一変しています。

従業員の運動不足やメンタル面の不調などが囁かれる一方で、従業員のパフォーマンス低下や社員の定着率低下が危惧されてます。こうしたライフスタイルの変化に伴い、企業様においては健康経営施策や業務システムを見直していることと思います。

その中で当社では数年前からテレワークや健康についての取り組み、多様な従業員の働きかたを推奨し、対外的にも評価をうけております。

本セッションでは生産性向上や健康経営施策やアプローチ方法などについて当社の実例をもとにご紹介できればと思います。生産性向上や健康経営推進に課題を感じているご担当者様、是非ご参加ください。

株式会社システムインテグレータ
青山 竜也
【保持資格】キャリアコンサルタント(国家資格)、EAPカウンセラー 他


ニューノーマル時代における健康経営

株式会社emphealは、企業の健康経営を支援するために設立されました(㈱NTTドコモと医療IT企業エムスリー㈱の合弁)コロナ禍で在宅勤務やテレワークが普及し、従業員の働き方は大きく変わりました。通勤時間が減って業務生産性が向上する一方で、集中力やモチベーション、メンタルを含む健康面にも影響が出始めています。当日は、2,000名を超える従業員に対して当社が行った調査事例から、在宅勤務やテレワークの中で、「どのような人がリスクが高いのか」、「どのようなアプローチが必要なのか」また「どんな業務システムや設計が健康経営に求められるのか?」についてお話しいたします。ご参加いただいた企業様限定の特典もご用意しておりますので是非ご参加ください。

株式会社empheal
河口 むつき 氏
【保持資格】管理栄養士

Archive「過去のセミナー・イベント」