「ASPカート」とは?メリットや自社に合うカートの選び方を解説!

 2021.04.28  株式会社システムインテグレータ

ASPカートとは、利用することでかんたんに自社ECサイトを立ち上げることのできるサービスです。ECサイトの立ち上げを検討した場合、手法としてはECパッケージの活用や既存のモールへの出店などがあります。その手軽さで、最近注目されているのがASPカートです。ASPカートを導入するとECサイトの構築経験がない場合でも簡単に自社ECサイトを立ち上げることができ利用することでかんたんに自社ECサイトを立ち上げることのできるサービスです。ECサイトの立ち上げを検討した場合、手法としてはECパッケージの活用や既存のモールへの出店などがあります。その手軽さで、最近注目されているのがASPカートです。ASPカートを導入するとECサイトの構築経験がない場合でも簡単に自社ECサイトを立ち上げることができま利用することでかんたんに自社ECサイトを立ち上げることのできるサービスです。ECサイトの立ち上げを検討した場合、手法としてはECパッケージの活用や既存のモールへの出店などがあります。その手軽さで、最近注目されているのがASPカートです。ASPカートを導入するとECサイトの構築経験がない場合でも簡単に自社ECサイトを立ち上げることができますは、利用することでかんたんに自社ECサイトを立ち上げることのできるサービスです。ECサイトの立ち上げを検討した場合、手法としてはECパッケージの活用や既存のモールへの出店などがあります。その手軽さで、最近注目されているのがASPカートです。ASPカートを導入するとECサイトの構築経験がない場合でも簡単に自社ECサイトを立ち上げることができます。

この記事ではASPカートの概要やメリット、製品の選び方、懸念点などをご紹介します。これからECサイトの構築を検討しているならば、ぜひ参考にしてください。

ECサイト構築基本ガイド

「ASPカート」とは?

Shopping Concept - Small Flag on a Map Background with Selective Focus.

ASPカートとは、ネットショップに不可欠なショッピングカート機能を提供するシステムです。ASPカートの多くはホームページの作成機能も付帯するため、ひとつのシステムのみでネットショップを構築することができます。

「ASP」とはアプリケーション・サービス・プロバイダの略称です。サービスの提供は企業から行われ、それをレンタルする形で活用します。また、サービスはクラウド上での提供となります。

サービスの利用には月額費用がかかりますが、クラウド上でのサービスとなるため、常に最新のシステムが利用できます。保守費用がかからないこともツール導入の手軽さにつながっています。

ECパッケージとの違い

ECサイトの構築はASPカートのほかにもECパッケージを検討する場合が多くあります。ECパッケージは、ECサイトを構築するために必要な機能がすべて盛り込まれているソフトウェアで、自社独自にカスタマイズできる特徴があります築はASPカートのほかにもECパッケージを検討する場合が多くあります。ECパッケージは、ECサイトを構築するために必要な機能がすべて盛り込まれているソフトウェアで、自社独自にカスタマイズできる特徴があります。

ECパッケージを導入すると独自の機能をもつECサイトの構築が可能ですが、インストールするサーバーの用意などが必要なため、ASPカートに比べ導入費用が高いケースが多いです。

製品により数千万円の導入費用がかかることもありますので、費用を踏まえた検討が必要になります。

ASPカートの種類

それではASPカートにはどのような種類があるのでしょうか?こちらでは代表的なASPカートについてご紹介します。

shopify

カナダ製のECプラットフォームであり、世界でもトップクラスの導入数を誇ります。日本語表示にも対応しています。月額料金プランも豊富に用意されており、ニーズに合わせて選ぶことが可能です。また、Facebook上での販売もできるようになっています。

BASE

初期費用と月額費用が無料となっており、簡単にネットショップの構築が可能です。料金は従量課金制のため、売上金額に応じた手数料を支払います。ECサイトの構築では豊富な決済方法の利用が可能だったり、専門サイトから運営ノウハウが得られたりします。

STORES

最短2分でECサイトが構築できて手軽に利用できるインスタントECサービスです。料金体系は無料でスタートできるプランと、月額1980円で利用できるプランがあります。48種類のテンプレートとデザインの拡張が魅力的です。

カラーミーショップ

国内最大級のECサイト作成サービスです。利用できる機能により月額料金が異なり、月々834円から活用できます。機能では決済方法や配送方法が豊富であるため、ユーザービリティを考慮したサイト構築が可能です。ほかに、集客やデータ分析、レポート機能があります。

futureshop

SaaS型のサイト構築プラットフォームです。豊富なデザイン機能や決済手段が特徴です。予約販売機能、メルマガなどの会員管理機能、実店舗の連動、各種外部ツールとの連携など機能性が高くなっています。

小売業のためのスマホアプリ活用ガイド
レコメンド活用のポイント

ASPカートのメリット

Customer paying bill through smartphone using NFC technology in cafe

ここからはASPカートのメリットをご説明します。ASPカートのメリットは以下の3点です。

簡単にECサイトを作成できる

ASPカートにはECサイトの構築に必要な標準機能が搭載されています。そのため、簡単にECサイトを作成できます。システムに登録すると、多くの場合、当日中から数週間でECサイトを始めることが可能です。

操作が簡単であったり直感的にシステム構築ができたり、ITリテラシーがない場合でもECサイトの作成ができます。ECサイトの構築は、テンプレートからデザインを選択して、システムに従って商品の登録や決済機能の選択をするだけとなります。

ECサイトの構築にはレンタルサーバーを用意する必要がありますが、ASPカートの場合そのサーバーもASP会社から提供されるため、自社で用意する手間が省けます。

このように、構築にかかる手間を押さえてECサイトの作成ができることがASPカートの大きなメリットでしょう。

初期費用を抑えることができる

費用面においてもASPカートはメリットがあります。前述のとおり、ECパッケージは初期費用だけで数千万円かかることも珍しくありません。一方でASPカートであれば初期費用がかからなかったり、月額費用も安価なサービスが多かったりします。

また、ASPカートはECサイトの構築に必要な機能が備わっており、ほかのカートシステムでは費用が必要な更新も無料である場合が多いです。商品の登録数などで月額料金が異なりますが、月額数百円、高くても月額数万円で導入することができます。

以上を踏まえると、ECサイトの運営を始めるにあたり「費用が限られている」「売り上げの目途が立っていない」「大きな売り上げが見込めない」という場合は、ASPカートの導入が適しているでしょう。

保守管理が不要

ASPカートを利用すると、システムのアップデートやサーバーのメンテナンスなどの保守管理はASP会社が行います。自社で保守管理をする必要がないため、ECサイトの運営に注力できます。

システムのアップデートは自動的に行われ、常に新しい環境でECサイトの運営ができることも魅力です。また、ASPカートシステムはASP会社が常時、メンテナンスを実施しています。

動作環境などが安定した状態で使えることもASPカートの特徴です。ASPカートはユーザーが共通のプラットフォームを使っています。一カ所の不具合がすべてのユーザーに影響するため、トラブルがあってはならないわけです。

このような背景から、ASPカートは保守管理が行き届いており、安心して利用できるといえます。

新規CTA
新規CTA

ASPカートの選び方

Orange E-Commerce Button on Computer Keyboard. Internet Concept.

ここでは、ASPカートの選び方を具体的にご説明します。ASPカートを選ぶときは、次の5点に着目してみましょう。

商材を考える

ASPカートはそれぞれに特徴が異なります。そのため、販売する商材により選ぶべきASPカートが変わってきます。例えば、サプリメントや化粧品などリピーターが狙える商材は、リピート販売に強みのあるASPカートを選ぶことが大事です。

BtoBを主体とするならば、法人に特化したASPカートを導入する必要があります。このようなASPカートごとの強みは、製品の導入事例を参考にすることをおすすめします。

検討しているASPカートで、自社と類似した商品やサービスの導入事例があるかどうかを確認してみましょう。

月額料金を確認

ASPカートは月額料金が数百円から数万円と、物によって開きがあります。一般的に月額料金が高くなると、利用できる機能も増えます。中には初期費用や月額費用が無料のASPカートがあります。この場合は、販売額に応じた手数料を支払うことになります。

一方で初期費用や月額料金がかかるASPカートは、販売額に応じた手数料は低めに設定されていることがあります。

このような特徴を踏まえてASPカートを選ぶことが大事です。初期費用、ランニングコストにどれだけの予算が使えるのかを軸に検討してみてください。

また、費用と機能性のバランスもポイントです。費用を抑えたいからといって割安なプランを選んでも、自社に必要な機能が使えなければ意味がありません。費用と機能面を考慮して、長期的に運用ができるASPカートを選びましょう。

決済機能を確認

決済機能の選択肢が多いほど、ユーザーにとって便利なECサイトになります。特にクレジットカードはECサイトで最も利用されている決済方法となります。24時間、時間を気にすることなく決済できるため、ユーザーにとって利便性が高いのです。

運営者視点で考えても、決済を待つことなく商品の配送ができますのでクレジットカードの決済は追加しておきたいところです。

そのほか、ネットバンキング、電子マネー、携帯キャリア決済、コンビニなどからのオフラインでの支払いなど、さまざまな決済方法があります。

できるだけ複数の決済方法を設定しておくと、ユーザー自身が好みの支払い方法を選べるようになります。結果として、より幅広いユーザーに自社のECサイトを利用してもらえるでしょう。

ただし、決済方法によっては手数料が必要です。特にクレジットカード決済、コンビニ決済代行サービスは手数料が発生するため、運営コストへの影響を確認することが大事です。個人情報の取り扱いなど、セキュリティ面にも配慮が必要となります。

操作性を確認

ASPカートは多くの場合で直感的な操作が可能です。導入時は、操作する際にストレスが少ないほうが運営効率もよくなります。

操作性の確認は実際のデモ画面を活用してみてください。「使いやすそう」と感じても、実際に操作すると使いにくい部分がでてくる可能性もあります。トライアル期間(無料)やデモ画面を利用して、不明点を解決してから導入を決めましょう。

スマホに対応しているか

昨今、Webサイトをスマートフォンから閲覧するユーザーが増えています。利用者を分析すると、多くのユーザーがスマホから利用していることがわかると思います。

ECサイトをスマホで閲覧するユーザーはファッション系、漫画や本、食料品・飲料、美容・化粧品などの購入が多くなっています。これらの分野のECサイトを構築する場合はスマホ対応のASPカートを選びましょう。

パソコンとスマホに対応したデザインはレスポンシブルデザインと呼びます。レスポンシブルデザインを採用していないと、スマホユーザーは使いにくさから離脱率が高まります。商機を逃さないためにもレスポンシブルデザインを採用しましょう。

ASPカートの懸念点

team of successful business people having a meeting in executive sunlit office

ASPカートには、外部連携のしにくさとカスタマイズ性の低さという懸念点があります。以下でそれぞれの懸念点をご説明します。

外部システムと連携しにくい

ASPカートは顧客管理システムなどの外部システムとの連携がしにくいものです。連携できたとしても限られたツールであったり、費用が割高になったりする懸念点があります。

基本的にASPカートのツールを活用して外部システムと連携するには、連携するためのシステムを自社で開発、もしくは自社のECサイトから出力するCSVを手動で加工してシステムにアップロードするなどの手間が必要となります。

これにはシステムの開発のコストや時間が必要となり、手動加工の場合は入力ミスなどの人為的なトラブル発生のリスクがあります。この点を考慮してASPカートを選ぶ必要があります。

しかしながら、最近では受注や顧客、商品などのECサイトから出力されるCSVデータを独自にカスタマイズして、外部システムとの連携が行えるASPカートも登場しています。

カスタマイズ性が低い

ASPカートは手軽に導入できる反面、カスタマイズ性が低いです。楽天市場やYahoo!ショッピングなどのモールと比べるとカスタマイズ性は高いですが、ASPカートはテンプレートからデザインを選ぶことが多く、カスタマイズに制限があります。

また、ASPカートによりカスタマイズ性の高さに違いがあり、導入前には十分な比較検討が必要でしょう。

比較的長期間にわたってECサイトの運営を検討しているならば、同一カートシステムでの運用ができるか確認が必要です。売り上げ向上、サイト規模の拡大が可能なカートシステムか見極めてみましょう。

ECサイトの運営は「顧客に細かなサービスを提供して他社と差別化を図ろう」と考えることも多くあります。その場合、ASPカートの導入で提供したいサービスが実現できない可能性があります。

前述のとおり、外部システムとの連携も難しいため、運用面でもカスタマイズのハードルが高くなっています。ECサイトで実現したいこと、さらに事業の成長性もイメージしたうえでECパッケージの導入も必要になるでしょう。

まとめ

ASPカートは、ECサイトに必要な基本機能が備わったショッピングカートです。クラウド型のサービスであり、レンタルサーバーもASP会社から提供されるため、レンタルカートと呼ばれることもあります。

また、ECサイトの構築にあたり専門的な知識が不要となっており、直感的な操作でサイトの作成ができます。料金面の安さもメリットのひとつです。しかしながら、顧客管理システムなどの外部システムとの連携が難しかったり、カスタマイズ性が低かったりするという懸念点もあります。

この懸念点により、自社がイメージするECサイトの構築が難しくなる可能性もあります。より高いカスタマイズ性を求めるのであれば、ECパッケージなどを活用してECサイトを構築することをおすすめします。

ASPカートに比べると初期費用やランニングコストは割高ですが、その分、自社が希望する独自のECサイトの作成が可能です。弊社が提供するSI Web Shoppingは、1,100サイトの実績がある日本初のECソリューションです。これまで蓄積されたノウハウで売り上げアップに最適なECサイトのご提案をいたします。お問い合わせやご相談をお待ちしております。

CTA

RECENT POST「ECサイト構築」の最新記事


ECサイト構築

ECサイトのカート機能選択のポイント

ECサイト構築

費用は?使いやすさは?カスタム性は?カートシステムの選び方

ECサイト構築

ECサイトの構築で便利な「パッケージ」を徹底比較

ECサイト構築

クラウドECでサイトを構築する5つのメリットとは?選び方までご紹介

「ASPカート」とは?メリットや自社に合うカートの選び方を解説!