モデリングと同時に初期データも管理!ポストSQLを使ってみよう

 2020.06.15  株式会社システムインテグレータ

こんにちは、皆さん頑張って設計していますか?
SI Object Browser ER(以下OBER)はER図を用いたデータモデリングツールです。その名の通りOBERを用いてER図を作成できるのですが、フォワードエンジニアリング機能やデータベース同期機能といったデータベースアクセスを伴う機能を数多く搭載しています。

今回はテーブルの初期データをモデル側に持たせることのできる「ポストSQL」について紹介していきます。 

データベース設計の基礎が身につく​ ER図の書き方講座

「ポストSQL」とは

「ポストSQL」機能はエンティティエディタの部分機能(タブ)で、フォワードエンジニアリングを行う際に該当エンティティのCREATE TABLE文の直後に実行するSQLを記述できる機能です。
同様の機能として「プリSQL」機能もあり、こちらはCREATE TABLE文の直前に実行するSQLを記述できる機能となっています。

「ポストSQL」の使用方法

それでは実際に使い方を見ていきましょう。
まずは新規にエンティティを作成し、保存します。

モデリングと同時に初期データも管理!ポストSQLを使ってみよう 1

- エンティティの新規作成 -

今回は初期値が必要なマスタテーブルとして、「税率」エンティティを用意しました。
続けてポストSQLタブを開き、初期値として登録するデータをINSERT文で記述します。

モデリングと同時に初期データも管理!ポストSQLを使ってみよう 2

データベース設計の基礎が身につく​ ER図の書き方講座
新規CTA

- ポストSQLタブ -

以上で準備は完了です。
フォワードエンジニアリング機能でプレビューを表示してみましょう。

モデリングと同時に初期データも管理!ポストSQLを使ってみよう 3

- フォワードエンジニアリング:プレビュー -

TAXテーブルのCREATE文の後に、ポストSQLで記述したINSERT文が実行される形になっていますね。
それでは開始を押してTAXテーブルが作成されているか、初期値データが登録されているかを確認してみましょう。

モデリングと同時に初期データも管理!ポストSQLを使ってみよう 4

- フォワードエンジニアリング:実行完了 -

モデリングと同時に初期データも管理!ポストSQLを使ってみよう 5

- データ確認(SI Object Browser for Oracle) –

TAXテーブルが作成され、初期値データも登録されていることが確認できました。

まとめ

いかがでしたか?今回はOBERのポストSQL機能についてご紹介しました。
プリSQLについては同様の機能なので紹介を割愛しましたが、ポイントとしては実行順序の違いがあります。

  実行順序 用途例
プリSQL CREATE TABLE文の前 テーブルの連番を取得するためのシーケンス作成
ポストSQL CREATE TABLE文の後 マスタテーブルの初期データ作成

プリSQL/ポストSQLに記述可能なSQLは特に制限を設けていませんので、上記例以外にも色々な設定が行えます。ぜひ、お試しください!

SI Object Browser ER 製品紹介資料

RELATED POST関連記事


RECENT POST「OBERをトコトン極める」の最新記事


OBERをトコトン極める

より見やすく、より便利に!SI Object Browser ER 23の新機能

OBERをトコトン極める

何気に便利!SI Object Browser ER 22.0.2の新機能

OBERをトコトン極める

細かすぎて伝わらない!SI Object Browser ERの便利技10選

OBERをトコトン極める

SI Object Browser ERの基本がマスターできるチュートリアル

モデリングと同時に初期データも管理!ポストSQLを使ってみよう