機能一覧

データベース設計ツール SI Object Browser ERの機能一覧です。

機能 説明
データモデリング
エンティティ作成 属性だけでなく、インデックス、制約や表領域情報も設定可能
ビュー作成 別名、DDLも表示可能
リレーションシップ作成 依存、非依存、サブタイプの3種類から選択
モデルエクスプローラ サブ機能単位での設計が可能
物理/論理モデル切替 論理モデル、物理モデルごとに属性名が指定し、表示の切替も可能
表示レベル切替 表示レベルを変更可能(主キーレベル、データ型レベルなど)切替機能
表記法切替 IDEF1X表記、IE表記
ドメイン管理 複数エンティティで使用される属性定義をあらかじめ登録し、一元管理が可能
デザイン変更 色、フォントなどのデザインプロパティ変更機能
ER図印刷機能 自動で1ページサイズの設定が可能
ER図ファイル統合機能 複数のER図をマージ
画像コピー機能 ER図を画像イメージとしてコピー
オブジェクトエクスプローラ エンティティや属性等のオブジェクト検索が可能
コード定義 属性に対する使用コードの関連付けが可能
ストアドプログラムのサポート プロシージャ/ファンクション/トリガーの定義が可能
外部取込機能 SQLスクリプト/Excel定義書を利用したモデルの作成が可能
エンティティレイアウト自動調整機能 エンティティが重ならないように自動調整することが可能
リレーションナビゲート 選択したエンティティと連携するリレーション、子エンティティを目立たせることが可能
データベース連携
フォワードエンジニアリング モデル図のエンティティ、リレーション情報を元に、データベースにテーブル、ビューを作成
リバースエンジニアリング データベースのテーブル、ビューから、モデル図を作成
データベース同期機能 モデル図とデータベースの相違点を調べ、同期させる機能
データ取込(インサート文作成) データベースに接続し、データをインサート文として出力可能
データ生成機能 テストデータの生成・更新を行う機能
レポート出力
定義書出力機能 テーブル定義書、ビュー定義書、インデックス定義書などの各種設計ドキュメントが出力機能
レポート定義機能 定義フォーマットのカスタマイズ・新規に定義書の作成が可能
データサイズ見積結果出力 データサイズ見積結果をEXCELファイルに出力することが可能
リスト
エンティティリスト エンティティを一覧表示
ビューリスト ビューを一覧表示
属性リスト 属性を一覧表示
インデックスリスト インデックスを一覧表示
リレーションリスト リレーションを一覧表示
ドメインリスト ドメインを一覧表示
ストアドリスト プロシージャ、ファンクション、トリガーを一覧表示
その他
接続先リスト 接続情報(ユーザ、パスワード等)を登録することで、ボタンひとつでDB接続が可能
Windows認証機能 Windows認証により、データベース接続が可能(SQL Server
データ型登録機能 属性データ型を登録できるので、Oracle,SQLServer,PostgreSQL以外のデータベース用ER図も作成可能
ストレージ容量計算機能 物理テーブルの表領域サイズを計算
名称変換機能 リバース時に属性名を英語から日本語などに自動変換する機能
データ移行機能 異なるDBへデータを移行する機能
モデル検証機能 モデルの不備を検出する機能
類似名称指摘機能 類似属性名を指摘する機能
データ移行ナビ データ移行手順をナビゲートする機能
SI Object Browser ER ガイドブック

SI Object Browser ER ガイドブック

データベース設計・移行ツール「SI Object Browser ER」の代表的な使い方や便利な機能について詳しくご紹介します。

ぜひこの機会にSI Object Browser ERをご検討ください。

ダウンロード

SI Object Browser ER ガイドブック