SI Object Browser ER 機能概要

データベース設計ツールSI Object Browser ERの機能概要についてご紹介します。

機能概要

SI Object Browser ERは、ER図の作成に必要な機能の他、データベースと直接連携し、 テーブルの生成や、ER図の逆生成、同期を行うことができるツールです。これらの機能により、データベース設計の生産性およびメンテナンス効率を大幅にアップすることができます。

ER図のモデリング

エンティティ、ドラッグでリレーション配置など直観的なマウス操作でER図が作成できます。また、ER図上の論理名と、対応するデータベースの物理名をそれぞれ入力できる他、簡単にモデル切り替えも可能でs。エンティティをダブルクリック後の詳細画面ではExcelからペースト可能なので、素早くER図が作成できます。

サブモデル分割

テーブル数が多い場合でもサブ機能など任意のテーブルをシート分割できます。各シートのエンティティ定義を変更した場合は自動で全シートで同期がとられるため、不整合を起こすことなく、画面に入りきるかたちでER図を管理することができます。

ドメイン

複数のエンティティで共通で使うような属性に対して、テンプレート化する機能です。ドメイン化することで、再利用が簡単になる他、仕様変更時もドメイン設定を一か所修正するだけで全画面で一括反映できますので修正漏れなく整合性を保つことができます。

データベース連携

ER図をもとにOracleなどのデータベース上にDDLを発行する「フォワードエンジニアリング」機能の他、データベースからER図を逆生成できる「リバースエンジニアリング」機能が搭載されていますので、既存システムであってもすぐにER図を生成することが可能です。OracleやSQL Server,PostgreSQLなどの主要商用DBやオープンソースDBに対応しています。

さらに、「データベース同期」機能も備わっているため、フォワードエンジニアリングまたはリバースエンジニアリング後にER図またはデータベースをどちらか変更した場合にすぐに同期をとることができます。データベース同期機能により仕様変更時のメンテナンスコストも抑えることができます。

テーブル定義書の生成

作成したER図を元に、Excelの設計ドキュメントが生成可能です。テーブル定義書やテーブル一覧、インデックス定義書、コード定義書などのテーブル設計に必要なドキュメントをすべて完備しています。

レポート定義機能によりフォーマットのカスタマイズもできるため、自社の標準テンプレートに合わせることも可能です。

テーブル定義書からのリバース

また、テーブル定義書からの逆生成も可能です。昔のプロジェクトでテーブル定義書しかないような場合もすぐにER図が生成できます。

テストデータ生成

また、フォワードエンジニアリング、リバースエンジニアリング実行後であれば、レコードを自動生成することも可能です。親子関係のテーブルのデータも生成できる他、「名前」「住所」「電話番号」等のテンプレートも良いうされており、本番に近いデータを生成することができます。

結合テストなどで大量のデータが必要な場合もすぐに作成できます。

データ容量見積

データベース構築後に必要となるストレージの容量見積を行うこともできます。エンティティごとに初期件数及び増分を設定することで、初期サイズから5年後までのレコード容量をMB単位で表示します。インデックス容量や、PCTFREE、INITRANSなどの表領域パラメータも含め高い精度で見積ができます。

変更履歴の自動保存

また、SI Object Browser ERで変更した場合は自動で履歴が保存されるため、「いつ、誰が、何を変更したか」を調べることができます。エンティティや属性レベルで細かな変更内容の調査できる他、間違えて変更していた場合は過去バージョンにロールバックすることも可能です。

SI Object Browser ER ガイドブック