ER図 データベースは論理名で見ればもっとわかりやすくなる

 2016.12.20  株式会社システムインテグレータ

日本語で設計効率を向上させよう

こんにちは、ERトコ管理人です。

今日もせっせとSI ObjectBrowser ER(以下OBER)でデータベースを設計する毎日です。

トコろで、テーブル名を英語のままで設計していたりしませんか?
無理せず「論理名変換テーブル」を使って日本語で設計してもいいんですよ。

用意するもの

SI ObjectBrowser ER × 1

Excelまたはお好みのエディタ × 1

作り方

まずは「論理名変換テーブル」を作るところからです。

ここがポイント

簡単にするには「属性一覧」のレポート出力がおすすめです。

データベース設計・移行に関するお役立ち資料

ERトコ_89-01-768x571.png

出力したらカラム名を別のExcelに取り分けて、
論理名(日本語)を付けて対比表を作りましょう。
作ったらCSV形式で保存してください。

ERトコ_89-02.png

あとは論理名変換テーブルに取り込んで実行するだけです。

ERトコ_89-03-768x554.png

なんということでしょう。

BEFORE

ERトコ_89-04-768x579.png

 

AFTER

ERトコ_89-05-768x579.png

日本語の属性名に変わりましたね。
無理せず日本語での設計でこれからも頑張ってください。

これで今日からあなたもOBERマスター! [RELATED_POSTS]

SI Object Browser ER ガイドブック

RECENT POST「OBERをトコトン極める」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!