Go言語は採用に強い?その概要と特徴

 2019.11.06  株式会社システムインテグレータ

数あるプログラミング言語の中で、今注目の言語といえば「Go言語」でしょう。株式会社ビズリーチが運営する求人検索エンジンの「スタンバイ」は昨年、プログラミング言語別年収ランキング2018を発表しています。

それによると1位はGo言語であり、年収中央値は600万円(2位のScalaと同位)、最大提示年収は1,600万円と2位から300万円も引き離しています。人気の高いPythonやRubyと比べると求人数は劣るものの、高い年収が期待できることからGo言語に注目しているエンジニアも多いでしょう。
出典:プログラミング言語別年収中央値を発表、求人検索エンジン「スタンバイ」調べ

本稿では、2018年に引き続き高い注目を集めているGo言語について、その概要と特徴を解説していきます。

Go言語ってどんなプログラミング言語?

Go言語は2009年、Googleが開発したオープンソースプロジェクトのプログラミング言語です。リリース当初はLinuxとMac OSのみのサポートでしたが、2013年3月にリリースされたバージョン1.0からWindowsにも対応しています。他のプログラミング言語に比べると歴史は浅いですが、大規模プロジェクトにも活用でき、問題解決に焦点を当てたバランスの良いプログラミング言語として、人気を集めています。

「Go」だけで標記すると誤認される可能性があるので、「Go言語」や「Golang」と表記することが多い特徴があります。Go言語の公式サイトでは、その特徴を次のように説明しています。

“Go is an open source programming language that makes it easy to build simple, reliable, and efficient software.”
引用:The Go Programing Language

ちなみに日本におけるGo言語求人の平均年収は600万円ですが、米国ではソフトウェアエンジニアで平均年収10万5,332ドルというのが、求人サイトIndeedで確認できます。日本円に換算すると、約1,110万円です。このことから、今後さらに注目のプログラミング言語になると判断できます。
出典:Golang Developer Salaries in the United States

Go言語の特徴

Go言語はエンジニアの生産性を向上するために開発されたオープンソースのプログラミング言語です。その特徴は、表現豊かなコードを簡潔に記述できることであり、軽量な並列処理でマルチコア・ネットワーク化された複雑なシステムを構築するのに向いています。

新規CTA

C言語やJavaのように、コンパイラによって作成されたオブジェクトを実行することにより動作するコンパイラ言語でもあります。公式サイトでは、コードを作成するためには公開レポジトリでメンテナンスされているオープンソースを扱うことを想定し、設計されていると説明しています。ソースコードはルート以下のワークスペース内に置かれ、ワークスペースは以下3つのディレクトリ階層で構成されます。

  • src:主にGo言語のソースファイル
  • pkg:パッケージオブジェクト
  • bin:実行ファイル

PythonやRubyといった動的プログラミング言語のスキルがあるエンジニアの中に、これからGo言語を学ぼうと考えている方も多いでしょう。そうした方が感じやすい違いが、文字数が多くなり、コンパイルする手間があることです。なので、普段からPythonやRubyなどを使用している場合は、Go言語は少々書きづらく感じるかもしれません。

ただし、Go言語は書き方が限定されている静的プログラミング言語なので、記述の表現に迷わずに開発が進められるというメリットがあります。このことから、組織的な開発プロジェクトにおいて記述ルールが自然と固まるため、開発生産性が向上すると考えられます。

さらに、Go言語は実行が高速かつ記述とプログラムの確認がすぐに行えるため、他の静的プログラミング言語に比べると動的プログラミング言語に近い感覚で記述できるため、そういった点では、PythonやRubyに慣れ親しんだエンジニアにとっても馴染みやすいと言えます。

Go言語でできること

Webサーバー構築

Net/httpパッケージを使うことで、Webサーバーを簡単に構築できます。さらに、YouTubeなどのWebアプリケーションにもGo言語が採用されており、サービスだけでなく、それが動作するサーバーの構築がスムーズであるといった汎用性の高さが魅力の1つです。

アプリケーション開発

AndroidやiPhoneといった、スマートフォンで動作するネイティブアプリケーションの開発も可能です。モバイル向けのアプリ制作に使用するツールが集められたGo mobileを使えば、アプリ開発がとても快適に行えます。
Mobile · golang/go Wiki · GitHub

コマンドラインインターフェース作成

キーボード操作によってコマンドを打ち込むコマンドラインインターフェース、これにより動作するアプリ制作にもGo言語は最適です。Go言語はマルチプラットフォームに対応したクロスコンパイル機能があるため、アプリ製作がとっても行いやすいのが特徴です。それぞれのプラットフォームによる互換性や依存関係を心配せず、環境に適したツールの開発が簡単に行えます。

Go言語のメリット

処理が非常に高速

Go言語を使うメリットとして、処理が非常に高速ということが挙げられます。コンパイルも高速で、クロスコンパイルが可能です。コンピューターが理解できる言語に直接コンパイルできるため、メモリ使用量を抑えられます。

複雑なシステム構築に最適

Go言語は記述方法が限定的なことから、複数のエンジニアが携わっても表記がブレにくいシンプルな設計が特徴です。そのため、安全性が高く同期処理も簡単に行えるため、複雑かつ大規模なシステム構築にも最適です。状況に応じて同期処理と非同期処理を使い分けられる点も魅力の1つです。オープンソースプロジェクトなので、バグや脆弱性が見つかった場合にも柔軟に対応できるメリットがあります。

並行処理が可能

並行処理が言語レベルで可能です。並行処理とは、コンピューターのCPUで複数の論理処理を同時に実行することを指します。並列処理とは、CPUで複数の物理処理を同時に実行することです。並列処理は、複数のCPUの処理能力を発揮する方法だと言えます。現代のコンピューターには複数のCPUを搭載したデバイスが多いですが、その性能を活かすためにはソフトウェア側にも並列処理の技術を取り入れる必要があります。Go言語では、goroutineやchannelが用意されているのでソフトウェアへの実装もスムーズに行えます。

以上がGo言語の概要と特徴です。今まで静的プログラミング言語に触れてこなかったエンジニアにとっても、使いやすく学習しやすい言語となっているので、この機会にGo言語に活用を検討してみてはいかがでしょうか?

新規CTA

RELATED POST関連記事


RECENT POST「コラム」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!