TOPSIC ご説明資料

エンジニア採用や社員のプログラミング教育に役立つ
プログラミングスキル判定サービス TOPSIC ご説明資料

不幸なミスマッチを防ぎ、採用を成功させるには

プログラミングスキル判定サービス TOPSIC ご説明資料

デジタル革命、デジタルトランスフォーメーションが急速に進む今、SIerもユーザー企業も業界問わず、経営戦略や事業戦略を迅速かつ的確に具現化できるエンジニアのニーズが年々高まっています。

一方でIT人材の不足数は約17万人との推計もあり、今後2019年をピークに人材供給は減少傾向となり、より一層人材不足が進むと言われています。

IT人材の不足も加速する中、時代に適応すべく積極的にIT人材の採用を進めたいところですが、なかなか求める人材採用に至らず、スキルのミスマッチが起きているのです。

TOPSICは簡単にスタート出来るプログラミングスキル判定ツールです。
選考プロセスの中に組み込んで頂くだけで、スキルのミスマッチという採用する側、求職者側双方の不幸を回避することが出来ます。

社内のプログラミングスキルを向上させるためには

プログラミングスキル判定サービス TOPSIC ご説明資料

ほとんどの企業がプログラミングスキルを重視する一方、それを定量的に評価し見える化する仕組みを導入している企業はほとんどありません。

TOPSICを導入し、社内のプログラミングスキルを見えるようにすることで、スキルを向上させる機運を高めることが出来ます。

開発委託者のミスマッチを防ぐためには

スキルのミスマッチが起きるのは採用の場面に限りません。
受け入れた開発委託者が想定のスキルを持ち合わせておらず、早々に帰ってもらった、という経験のある方も少なくないはずです。

TOPSICを導入し、開発委託者のスキルを判断するプロセスを踏まえることで、このようなミスマッチを回避することが可能です。