バズるとは

 2019.07.31  株式会社システムインテグレータ

新規CTA

バズるとは、今流行っていて誰もが口することやその商品やサービスの情報を拡散させることを指しています。
もともとの語源は、buzzというハチなどがブンブン飛び回る様子のことです。
ここから、さまざまな人が口にして騒ぎ立てることへと使い方が変わってきました。
buzzに「する」という動詞をつけて「バズる」となり、情報が一気に広範囲に広まる様子を表現しています。

ECサイトにおいては、口コミで広まった情報が、商品やサービスの知名度に大きく影響を与えることから、良い情報としてバズられることは、マーケティング手法のひとつになっています。
バイラルマーケティングとして知られる手法ですが、バズマーケティングも同様なものとして認識されています。
Instagramでおいしいグルメの写真をアップしたり、Twitterでお気に入りのCMをリツイートしたりと、ユーザーが発信する情報はすぐに広まっていきます。
SNSでの口コミでの情報拡散は、今の流行を作り出すにはぴったりの手法となっています。

新規CTA