システムインテグレータの提案するオムニチャネル

システムインテグレータの提案するオムニチャネル

スマートフォンの普及により、より気軽にインターネットで情報にアクセス出来るようになった今、お客様により便利で、より満足のいく体験をご提供出来るようになりました。

どこでもいつでも商品を見られる、買える、どこに行けば手に取れるかわかる、様々なシーンで商品を受け取れる、よりマッチしたお得な情報を受け取れる。

これまで以上にお客様にご満足頂く体験をご提供し、お客様のLife Time Valueを向上させることで御社の売上をアップする、これがシステムインテグレータの提案するオムニチャネルです。

いつでもどこでも探せる・買えるように

いつでもどこでも探せる・買えるように

好きな場所で受け取れるように

好きな場所で受け取れるように

どこにいけばあるかわかるように

どこにいけばあるかわかるように

欲しいタイミングで欲しい情報が入るように

欲しいタイミングで欲しい情報が入るように

オムニチャネルの実現によるリアル店舗の売上アップ

オムニチャネル化に向けた取り組みのうちのいくつかはリアル店舗のスタッフの視点から見た時、ECサイトの売上アップのためだけに業務が増えてしまうように映ってしまうことがあります。

ECサイトで購入頂いた商品の店舗での受取や、ECサイトに公開したリアル店舗の在庫情報の問い合わせ対応などがそれに当たります。時にはリアル店舗のスタッフの協力を仰ぐことが難しくオムニチャネル化の計画が頓挫する企業もあります。

しかしながら多くの経営者様、オムニチャネル化の担当者様が考える通り、店舗受取や実店舗の在庫数表示によるO2O効果はもちろん、お客様にご満足頂く体験を提供することは、会社全体で捉えた時大きなプラスとなります。

そして今多くの企業が、店頭受取分の売上を店舗につける、店舗の在庫を深夜など営業時間外にECで販売するなどリアル店舗へ還元する仕組み・制度を設けることでオムニチャネル化を推進しています。

店舗受け取りによるO2O効果

店舗受け取りによるO2O効果

店舗受取分を店舗売上に

店舗受取分を店舗売上に

店舗在庫公開によるO2O効果

店舗在庫公開によるO2O効果

営業時間外の店舗在庫EC販売

営業時間外の店舗在庫EC販売

オムニチャネル化による業務の最適化

オムニチャネル化はシステムの刷新だけでは実現出来ません。オムニチャネルへの取り組みを検討する中で、誰が、何を、どうやるのかを改めて決定する必要が出てきます。

そしてその取り組みのいくつかはこれまでバラバラに行っていた業務を一本化するという議論が必要となります。例えば商品の管理、在庫の管理、お客様のサポートなどがあります。

そういった議論の中で改めて会社としてあるべき業務の流れを構築することで、より効率的なビジネスを展開することが出来ます。

商品管理

商品管理

在庫管理

在庫管理

顧客対応

顧客対応

マーケティング対応

マーケティング対応

オムニチャネル化に伴う社内システムの刷新

オムニチャネル化は、取り組む内容にもよりますが、社内に散らばる商品情報、在庫情報、顧客情報、ポイント、購入履歴、キャンペーン、物流などを統合管理・一元化する必要があります。

これらの統合・一元化は、よりお客様にご満足頂ける体験を提供出来るようになるだけではなく、社員がこれまで以上に快適に情報を把握・管理する業務環境を実現します。

商品・在庫管理

商品・在庫管理

ポイント統合

ポイント統合

顧客情報・購入履歴統合

顧客情報・購入履歴統合

キャンペーンマネジメント

キャンペーンマネジメント

ECサイト構築パッケージ選定 7つのポイント

ECサイト構築パッケージ選定
7つのポイント

現状のECサイトを取り巻く課題を3つに分類し、ECサイト構築でのパッケージ選定のポイントをを7つのポイントでご紹介いたします。

ぜひこの機会にご確認ください。

ダウンロード

新規CTA