lp01_fv_text_pc lp01_fv_text_sp lp01_fv_points

ECビジネスの拡大を目指したい方は、今すぐお問い合わせください

Adobe Commerceとは

Adobe Commerceとは

Adobe Commerceは、グローバルで高いシェアを誇る最新のEコマースソリューションです。

豊富な標準機能だけでなく、ECサイトの運営に必要な環境をオールインワンでご提供しているため、システムに関する専門知識がなくてもECビジネスを開始できます。

さらに、4,000を超える拡張機能を用意。独自改修も可能なプラットフォームでECビジネスの進化を加速させます。

Adobe Commerceが世界中から選ばれる4つの理由

01

リッチな購入体験を実現

Adobe Commerceは、ノーコードでフロントサイトを編集できる多機能なCMSや、Adobe Sensei(AI)を利用した商品レコメンデーション機能、複数拠点の在庫管理、BtoB機能など、豊富な機能を揃えています。
これらは標準の機能、無料の拡張機能として提供されるため、追加コストの必要なくリッチな購入体験を提供することができます。

02

専門知識は不要

システムに関する専門知識は不要です。Adobe Commerceは、アプリケーションだけでなく稼働に必要な環境、開発環境、パフォーマンス管理、CDNの全ての構成をPaaSとしてお客様のビジネスに併せて最適化し提供します。
お客様は、ECビジネスの運営に専念することができます。

03

無限の柔軟性と拡張性

4,000以上の拡張機能を備えているだけでなく、オープンソースであるため、いくらでも自由に拡張することが可能です。
豊富な標準機能で低コスト・短期間で立ち上げることができるだけでなく、ビジネスに合わせてサイトを思うがまま成長させることができるのが、Adobe Commerceです。

04

ヘッドレスコマースの実現

フロントエンド、バックエンドともにAPIを介して接続することでヘッドレスコマースを実現。Webはもちろん、アプリやIoT、デジタルサイネージ等フロントエンドのあらゆるレイヤーをまたいで顧客に統一的な体験を提供することができます。また、ERP、CRM、MA等のシステムともシームレスに連携し、統合データ環境を構築することが可能です。

お気軽にお問い合せください

ECビジネスの拡大を目指したい方は、今すぐお問い合わせください

サービス資料
プレゼント!

サービス資料
プレゼント!

guide

Adobe Commerceの詳細は、

こちらの資料からお確かめください

Adobe Commerceの機能

01

BtoBもBtoCもDtoCも
これひとつで

Adobe Commerceは、ひとつのプラットフォーム上で、複数のECサイトを構築することが可能です。

BtoB、BtoC、DtoC、いずれの販売形態にも対応しており、アパレルでのブランドごとの独立したショップや販路に合わせた複数サイト構築、海外各国向けサイト等、お客様のコマースビジネスに合わせた柔軟な対応が可能です。

02

AIを活用した
商品レコメンデーション

Adobe Sensei(AI)を利用した商品レコメンデーション機能を提供。
ユーザーの行動だけでなく、商品の特徴や全体の検索傾向、全体のトレンドなどを踏まえてAIが関連性の高い商品を提案します。
商品レコメンデーション機能によって、ユーザーが再訪問する確率は2倍になります。

03

ノーコードでコンテンツ制作

あらゆるコンテンツ要素をドラッグ&ドロップで配置できる使いやすいインターフェイスで、容易なコンテンツ制作を実現。HTMLやCSSの知識は不要です。
顧客のセグメントごとにコンテンツをカスタマイズすることで、パーソナライズされた顧客体験を提供することができます。

04

BOPIS(店頭受取)対応

Adobe Commerceでは、ECで購入した商品を店舗で受け取る、いわゆる「BOPIS(店頭受取)」に標準で対応しています。複数倉庫、店舗の在庫管理機能を実装しており、店舗を受け取り先として指定することが可能です。

05

多言語・多通貨対応

グローバルで展開しているコマースプラットフォームとして、多言語、多通貨に対応しています。フロントの表示はもとより、管理画面も多言語に。各国ビジネスルールに合わせたサイトをワンプラットフォームで構築することも可能です。

06

ビジュアルレポート

あらゆるコマースデータを一元管理するだけでなく、集約されたデータから容易にビジュアルレポートを作成できます。
レポートを活用することでビジネスの健全性を正しく把握することが可能です。

導入ケース

BtoB ECサイト構築

取引先向け機能

  • 法人登録、自社チームやユーザー登録
  • 見積依頼、見積記録管理
  • 発注承認、グループの履歴管理
  • 一括発注

事業者向け機能

  • 法人承認、与信管理
  • 掛け率、売価設定
  • 取引先個別品番管理
  • 取引先毎の支払・発送方法設定

BtoBビジネスのデジタル化を実現

マルチブランドサイト構築

消費者向け機能

  • コマース機能
  • 店頭受取(BOPIS)
  • 返品依頼
  • 友達紹介

バックエンド

  • ワンプラットフォーム複数ストア管理
  • ストア毎のマーケティング運用
  • サイト分析

ワンプラットフォームで実現

BtoB、BtoCハイブリッド基盤

取引先向け機能

  • BtoBコマース機能

消費者向け機能

  • DtoCコマース機能

事業者向け機能

  • BtoB、BtoC(DtoC)サイト管理
  • サイト毎でのコンテンツ管理
  • BtoB倉庫、BtoC(DtoC)倉庫・店舗在庫管理

様々なビジネスモデルに対応

アジリティの高いデジタルコマース基盤

豊富な標準機能をベースに、リーンスタートアップが可能です(最速3ヶ月)。

また、Adobeのパートナーである当社システムインテグレータは大規模ECの構築実績が多数。

国内有数のノウハウと技術力で、御社のビジネス拡大をご支援します。

01

要件定義

製品標準でプロトタイピングを実施します。

02

設計

プロトタイプでハンズオンやサービス説明しながら機能要求事項の最適化を進めます。

03

構築

拡張オプションで実現可能な機能はノンカスタマイズで実装します。

04

テスト

アプリケーションテストのみだけではなく、PaaS基盤を提供するAdobeによるヘルスチェックを行いお引渡しをします。

05

運用

運用結果をもとに、改善活動を適時行います

当社の強み

当社の強み

当社、株式会社システムインテグレータは、1996年に日本初のECサイト構築パッケージ「SI Web Shopping」をリリースして以来、25年以上にわたり、国内のECビジネスの拡大をご支援して参りました。

これまで大規模ECサイトを中心に、1,100サイト以上のお客様から、国内有数の豊富な経験と技術力をご支持いただいています。

Adobe Commerceに我々の技術力・ノウハウを組み合わせ、これまでにないスピードとクオリティでデジタルビジネスの成長をサポートいたします。

よくある質問

他製品との違いは何ですか

最新のEコマースプラットフォームとして、標準でBtoC、BtoB向けの豊富な機能を実装しています。加えて、4,000以上の拡張オプションが利用できるだけでなく、独自のカスタマイズも可能というユニークな製品です。

自社で使用しているシステムとの連携は可能ですか

もちろん可能です。ファイル形式の連携だけでなく、フロント、バック共にAPIを標準でご提供しています。ERPや販売管理システム、WMSなどの連携も容易です。

自社での内製開発も可能ですか

はい、可能です。オープンソースであるため、お客様で開発いただくことも可能です。当初は我々で作成、運用開始後から内製など段階的な内製化も対応可能です。

システム運用をお任せできますか

アプリケーションだけでなく、環境もPaaSでご提供するため、インフラやCDN(Contents Delivery Netwark)、ネットワーク上のセキュリティ対策など、すべてオールインワンで提供します。

費用はどれくらいですか?

お客様のビジネスの規模に応じて、最適なサイズのサーバ環境、システム構成にてご提案しております。まずはお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合せください

ECビジネスの拡大を目指したい方は、今すぐお問い合わせください

サービス資料
プレゼント!

サービス資料
プレゼント!

guide

Adobe Commerceの詳細は、

こちらの資料からお確かめください