バナー広告とは

 2019.08.09  株式会社システムインテグレータ

バナー広告とはWEB上に表示される画像やアニメーションを用いた広告のことです。検索連動型広告はテキストの広告であるのに対し、画像がバナーのように表示される広告なのでバナー広告といいます。利用者はその広告をクリックすることで広告主の指定したWEBサイトに移動することができます。バナー広告は、その効果の高さから今現在インターネット上で最も導入されている広告形態です。

バナー広告で商品やサイトの知名度を飛躍的に伸ばすには視覚を重視したデザインを用いることが重要であり、WEBページを開きパッと目に付くキャッチーなものほど高い効果をあげると言われています。実際にWEB上のバナー広告を見てみると売り出したい商品のセールスポイントが目立つようデザインされていたり、企業のロゴを全面に押し出したり、広告をクリックしたくなるような行動喚起を促す作りにするなどの工夫がみられます。また、広告を経由してWEBサイトに訪れた利用者に、さらに商品の良さや売りを知ってもらえるようなサイト作りも重要です。ECサイトを運営していく際にもこのデザインテクニックは有効であり、バナー広告を上手く活用することで、新たな消費者を獲得し、認知度の拡大にも役立てるとこができます。

新規CTA