パブリッククラウドとは

 2019.08.09  株式会社システムインテグレータ

パブリッククラウドとは、企業や個人に向けて提供されているIaaSやPaaSなどのクラウドサービスのことです。自社独自で構築するクラウド環境に対し、広く提供されているものになるのでパブリックという言い方をされています。ECサイトを構築・運用するにあたりパブリッククラウドを利用する最大のメリットは、会社以外のどこからでも、いつでも「必要なときに必要な分だけ」ITリソースを利用できることです。

パブリッククラウドで用意されている環境を利用するので、自社の専用のサーバー機器を持つ必要がなく、ソフトウェアのインストールの必要もありません。ほとんどの場合が初期費用は無料で、ネットでオンライン申し込み後にすぐに利用できるため、スピーディーにECサイトを構築できます。第三者による情報漏洩、データ傍聴などのリスクに対してのセキュリティ対策や、システムのメンテナンスもプロバイダーが定期的に行ってくれるためユーザーが負担を負うことなく手軽にシステムを利用できます。
ECサイトを構築する上でパブリックシステムは、低コストですぐに導入でき、どこにいてもITリソースを利用できるシステムといえます。

新規CTA