モバイル・スマートデバイス対応ERPソリューション

一覧に戻る

クロスプラットフォームのアプリケーション開発

Web標準技術をそのまま用いてクロスプラットフォーム(iOS、Andoroid、WindowsPhone 等)対応のモバイル・アプリケーション開発が可能です。自社のビジネス・ニーズに即応したモバイル・アプリケーションを早期に開発、利用することで企業におけるスマートデバイスの導入・活用による競争力強化を支援します。

モバイル・スマートフォンデバイスの課題、主な業務要件

クロスプラットフォーム対応

クロスプラットフォーム(iOS、Android、WindowsPhone等)対応により、端末を選ばないアプリケーション開発を実現。
各種のスマートフォン、タブレットよりGRANDITの利用が可能です。

スマホ、タブレットからの伝票決裁

GRANDITのスマートデバイスオプション機能により、スマホ・タブレットからシステムの利用が可能になります。
携帯端末から基幹システムにアクセスが可能となるため、商談中に最新の在庫や納期の確認を行ったり、外出先から申請伝票の決裁を行うなど、業務効率が向上します。

失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方

失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方

ERPの導入は、その影響範囲の大きさから失敗する企業が後を絶ちません。

システムインテグレータでは、数多くのERP導入支援の経験やアンケートから失敗するプロジェクトの特徴を把握しています。

今回、特別にその情報をわかりやすい漫画形式のEブックにまとめさせていただきましたので、この機会にぜひダウンロードしてください。

失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方

失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方