SDGsとは?EC市場におけるSDGs目標達成の取り組み例紹介

 2021.07.30  株式会社システムインテグレータ

近年、話題となっているSDGs(Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標))。EC市場においても各企業がSDGsの目標達成に向けた取り込みを行っています。SDGsに取り組むことは企業姿勢だけではなく、新たなビジネスチャンスとして捉えられています。

本記事では、EC事業者におけるSDGsの目標達成の取り組み例をご紹介します。 

ECサイト構築基本ガイド

SDGsとは

sdgs

SDGs(エスディージーズ)とはSustainable Development Goalsの略で、日本語では「持続可能な開発目標」と呼ばれています。SDGsは、2015年9月の国連総会で採択された国際目標です。2030年までに達成すべき目標として17のグローバル目標を掲げ、具体的な成果を出すために169のターゲット(達成基準)と232の指標が行動指針として示されています。

Sustainable(サステナブル)とは

Sustainableは日本人にはちょっとなじみが薄い言葉ですね。Sustainable Developmentという言葉は、17の目標に向かう努力(開発)を途中でやめない(サステナブル)と勘違いしそうですが、それは違います。地球環境を壊さず、資源を使い過ぎず、貧困や飢餓もなく、美しい地球でずっと暮らせるサステナブルな社会(ずっとその良い状態を保てるようにしよう)というものです。 

SDGsの17のグローバル目標

 

 グローバル目標  概要
貧困をなくそう (No Poverty) あらゆる場所のあらゆる形態の貧困を終わらせる
飢餓をゼロに (Zero Hunger) 飢餓を終わらせ、食料安全保障及び栄養改善を実現し、持続可能な農業を促進する
すべての人に健康と福祉を (Good Health and Well-Being) あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する
質の高い教育をみんなに (Quality Education) すべての人々への包摂的かつ公正な質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する
ジェンダー平等を実現しよう (Gender Equality) ジェンダー平等を達成し、すべての女性及び女児の能力強化を行う
安全な水とトイレを世界中に (Clean Water and Sanitation) すべての人々の水と衛生の利用可能性と持続可能な管理を確保する
エネルギーをみんなに そしてクリーンに (Affordable and Clean Energy) すべての人々の、安価かつ信頼できる持続可能な近代的エネルギーへのアクセスを確保する
働きがいも 経済成長も (Decent Work and Economic Growth) 包摂的かつ持続可能な経済成長及びすべての人々の完全かつ生産的な雇用と働きがいのある人間らしい雇用(ディーセント・ワーク)を促進する
産業と技術革新の基盤をつくろう (Industry, Innovation and Infrastructure) 強靱(レジリエント)なインフラ構築、包摂的かつ持続可能な産業化の促進及びイノベーションの推進を図る
人や国の不平等をなくそう (Reduced Inequalities) 各国内及び各国間の不平等を是正する
住み続けられるまちづくりを (Sustainable Cities and Communities) 包摂的で安全かつ強靱(レジリエント)で持続可能な都市及び人間居住を実現する
つくる責任 つかう責任 (Responsible Consumption and Production) 持続可能な生産消費形態を確保する
気候変動に具体的な対策を (Climate Action) 気候変動及びその影響を軽減するための緊急対策を講じる
海の豊かさを守ろう (Life Below Water) 持続可能な開発のために海洋・海洋資源を保全し、持続可能な形で利用する
陸の豊かさも守ろう (Life on Land) 陸域生態系の保護、回復、持続可能な利用の推進、持続可能な森林の経営、砂漠化への対処、ならびに土地の劣化の阻止・回復及び生物多様性の損失を阻止する
平和と公正をすべての人に (Peace, Justice and Strong Institutions) 持続可能な開発のための平和で包摂的な社会を促進し、すべての人々に司法へのアクセスを提供し、あらゆるレベルにおいて効果的で説明責任のある包摂的な制度を構築する
パートナーシップで目標を達成しよう (Partnerships for the Goals) 持続可能な開発のための実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する

EC市場におけるSDGsの取り組み例紹介

how-to-choose-company

 SDGsの目標達成のためのグローバル、日本国内においての取り組み例をご紹介します。

Hello Fresh(アメリカ)

Hello Fresh はアメリカにおいてミールキットのお届けを行うEC事業者です。

無駄のない、無駄の少ないサプライチェーンを目指し、世界の主要な食品小売業者と比較し食品廃棄を66%削減しています。食品廃棄を削減するために顧客の需要予測をを行うことで、過剰生産を抑え、売れ残り・廃棄を抑制しています。

hellofresh

hellofresh

LARQ(アメリカ)

LARQは自動でクリーニングを行うウォーターボトルの製造・販売を行っている会社です。既存の使い捨てプラスチック製品を避けることで環境に貢献をしています。また、収益の1%を地球環境維持のために寄付しています。

ちなみにLARQの製品は日本でもAmazonで購入することが可能です。

LARQ-1

LARQ

楽天(日本)

楽天ではSDGsへの貢献を目指して持続可能な消費を提案する 「EARTH MALL with Rakuten」を運営しています。各種国際認証や環境・社会的配慮をされた商品を紹介しています。また、キュレーターによる商品紹介などを行っています。

rakuten

EARTH MALL with Rakuten

 

新規CTA
新規CTA

SDGsはビジネスチャンスとなり得るのか?

Woman drawing on flowchart with sticky notes in bright office

 SDGsはEC事業者にとって新たなビジネスチャンスとなるのか、「消費者意識の変化」と「市場規模」の視点で考えてみます。

消費者意識の変化

SDGsに関する情報は日々、インターネットやテレビ、雑誌などでも発信されており、消費者の環境に対する意識は高まっています。これからの時代、商品を購入する際には、値段やサービス以外に、「環境への配慮」「企業姿勢」など企業に共感できるかどうかが重要なポイントになってきます。

市場規模

SDGs全体に関する市場規模は2017年に開催された世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)で、12兆ドル(約2,160兆円)の新たな市場機会を生み出すと試算されました。これは全世界規模、様々な産業領域における試算であるためとても大きな数字であるとしても、近年、日本国内マーケットにおいてもフードロス削減ECサイトやサステナブルな商品を扱うECサイトが増えていることは、ここにビジネスチャンスがあることの証明であると考えられます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本記事ではSDGsとEC市場について事例と合わせてご紹介しました。SDGsは社会貢献ではなく、企業の事業活動を伸ばす取り組みとして今後益々注目されると考えられます。今後のEC事業戦略においては欠かせない要素となります。

SDGsの目標達成に向けたECサイトのリニューアル、新しいビジネスチャンスと捉えて新しいEC事業を立ち上げを検討されている方は少なくないと思います。


弊社では、上記のような方を対象としたECサイト構築の基礎から応用までを学べるガイドブックを提供しています記のような方を対象としたECサイト構築の基礎から応用までを学べるガイドブックを提供しています。

以下のサイトからダウンロードできますので、ご興味のある方はぜひご覧になって知識の充足に役立てて下さい。

 

CTA

RECENT POST「EC市場・トレンド」の最新記事


EC市場・トレンド

ecサイトリニューアルで気をつけたいポイントとは?

EC市場・トレンド

ECサイトで最近流行りの販促機能 10選

EC市場・トレンド

失敗しないオムニチャネル

EC市場・トレンド

EC事業者向けSDGs支援プログラムを開始 ECサイト構築パッケージ「SI Web Shopping」を特別価格で提供

SDGsとは?EC市場におけるSDGs目標達成の取り組み例紹介