MIJSコンソーシアム

従来のERPのカバー範囲を拡張し、ECやSFA、CRM/SRM、ワークフロー、BIなどの基幹業務周辺機能もグローバルに統合したERPという新しい発想

GRANDIT』は、WebベースのERPという新時代を拓く製品です。その先駆性から“次世代ERP”と呼ばれていますが、そこにはもう1つ「グローバルERP」という大きな特長があります。これは従来のERPのカバー範囲を拡張し、ECやSFA、CRM/SRM、ワークフロー、BIなどの基幹業務周辺機能もグローバルに統合したERPという新しい発想です。

このように単一製品で多方面の機能をカバーすることを一般に「 Best of Suite 」と呼びます。この構想のメリットは各業務が完全に統合された形で機能するため、理想的なオペレーションとなる点にあります。

基幹業務周辺機能もグローバルに統合したERP

一方、最近では“モチは餅屋”的な発想で、各業務ごとに強い製品を組み合わせて利用する「Best of Bread」という考え方も重要視されてきました。

GRANDITは、こちらのニーズにも対応するべくMIJS(メイド・イン・ジャパン・ソフトウェア)コンソーシアムにも加入して、他の製品とのシームレスな連携も行っています。
MIJSは、日本のトップクラスの製品を持つベンダが結集して、

  1. 海外展開
  2. 製品連携

の2本立ての目標に向かって積極的に活動している団体です。

当社は、本コンソーシアムの副理事および技術部会長として『GRANDIT』や『Web Shopping』の製品連携を積極的に行っています。

失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方

失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方

ERPの導入は、その影響範囲の大きさから失敗する企業が後を絶ちません。

システムインテグレータでは、数多くのERP導入支援の経験やアンケートから失敗するプロジェクトの特徴を把握しています。

今回、特別にその情報をわかりやすい漫画形式のEブックにまとめさせていただきましたので、この機会にぜひダウンロードしてください。

ダウンロード

失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方