製品情報

【製品情報】SI Object Browser for Oracle 18リリースのお知らせ

  • 2018.11.29
  • 株式会社システムインテグレータ
【製品情報】SI Object Browser for Oracle 18リリースのお知らせ

平素は、弊社製品「SI Object Browser」をご利用いただき、誠にありがとうございます。
この度、11月29日付で「SI Object Browser for Oracle 18」および「SI Object Browser for Oracle 18 ReadOnly Edition」をリリースいたしましたのでお知らせいたします。

■SI Object Browser for Oracle 18 新機能
「SI Object Browser for Oracle 18」ではOracle 18cの新機能を含め、以下の機能を追加いたしました。

動作環境

・Oracle Database 18c の追加

データベース開発に関するお役立ち資料

新機能

・SQLキャンセル機能(ALTER SYSTEM CANCEL SQL)実装(Oracle 18c新機能)
・DataPumpインポートのエラースキップオプション実装(Oracle 18c新機能)
・スキーマ限定アカウント作成機能の実装(Oracle 18c新機能)
・小文字ユーザーログインオプションの追加


以下に、本バージョンで実装したOracle 18c新機能の概要をご説明いたします。

SQLキャンセル機能(ALTER SYSTEM CANCEL SQL)
セッション情報画面にて、SQLのキャンセル(ALTER SYSTEM CANCEL SQLの発行)が可能になりました。高負荷実行中SQLを止める場合、従来ではセッションごと停止させるのが常套手段でしたが、当機能により当該のSQLだけを停止させることができます。

DataPumpインポートのエラースキップオプション
Oracle 12cまでのDataPumpインポートは、エラーオブジェクトがあった場合はそこでインポート処理が中断されてしまいました。当オプションによってエラーをスキップして最後まで実行することができ、従来のようにすべてやり直す必要がなくなります。

スキーマ限定アカウント
Oracleではログインユーザーとスキーマがほぼイコールであるため、オブジェクトをスキーマでまとめたい場合、ログイン機能を持ったアカウントを作成する必要がありました。Oracle 18cでは、不必要なログイン機能を省いた「スキーマ限定アカウント」として作成できます。

SI Object Browser 製品カタログ

SI Object Browser 製品カタログ