IT企業様向けERPソリューション

一覧に戻る

IT関連企業においては、主にプロジェクト(開発案件)ごとの収支管理が必要となります。

GRANDITでは伝票単位にプロジェクトを設定し、このプロジェクトで発生伝票データを集約、集計し収支管理を行うことが可能です。

また、プロジェクト管理に特化したシステムとGRANDITを連携することで、進捗管理などのプロジェクト管理を含む統合システム基盤の構築が可能となります。保守サポートなどの継続的な取引に関する処理業務に対応する機能も必要になります。

物販と役務販売の混在

ソフトウェア開発においては、ハードウェア機器等の物販とは別に、主として開発における「役務」の提供(販売)がされます。

GRANDITでは、商品マスタで役務を物品同様に登録、管理しますが、役務商品は在庫管理区分を「在庫管理しない」とすることで、在庫管理する物品と区別して取引業務をすることができます。

保守サポート業務における継続型取引

ソフトウェア開発後の保守サポートについて、契約情報を管理し定期的な請求処理や、年間一括で前受請求をして月次で売上計上をするなどの継続取引管理が必要となります。

GRANDITの「継続取引契約アドオンモジュール」により、契約情報の管理、得意先への請求処理や外部の保守業務委託先への支払処理、契約更新手続きなどの処理を簡素化することが可能です。

プロジェクト(案件)収支の把握

ソフトウェアの導入プロジェクト(案件)において、物品取引や役務取引などの複数の取引に分かれる場合にこれらをまとめて集計し、プロジェクト(案件)別の収支を管理することが可能です。

GRANDITではすべての伝票入力画面に「プロジェクト」を設定することができ、このプロジェクトを集計Keyとして売上データや、仕入データ、経費データを集計し、プロジェクト別の修正管理をすることができます。

プロジェクト管理システムとの連携

プロジェクト自体の詳細な管理(要員リソース状況、採算進捗、プロジェクト進捗、課題管理など)は、プロジェクト管理専用パッケージ「SI Object Browser PM」で行い、各種マスタデータやプロジェクトデータ、会計仕訳データをGRANDITに連携し、プロジェクト管理を含めたソフトウェア開発業の業務全体を網羅する基幹システムとして構築することもできます。

失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方

失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方

ERPの導入は、その影響範囲の大きさから失敗する企業が後を絶ちません。

システムインテグレータでは、数多くのERP導入支援の経験やアンケートから失敗するプロジェクトの特徴を把握しています。

今回、特別にその情報をわかりやすい漫画形式のEブックにまとめさせていただきましたので、この機会にぜひダウンロードしてください。

失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方

失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方