売店運営業様向けERPソリューション

小売業(店舗運営)のお客様においては、売上処理はPOSレジを利用されます。そのため、売上実績データはPOSレジと連携して基幹システムに取り込むことが必須要件となります。

その他、店舗での取り扱いアイテム数が非常に多いため、商品入荷時のピッキング処理や、棚卸処理にはバーコードリーダーやハンディ―ターミナルなどの携帯端末を利用することで業務処理を効率化する必要があります。また在庫の引当は先入先出の原則に基づき処理される必要があります。

POSレジとのデータの連携

POSレジとのデータの連携

POSレジで処理された売上データは日次でGRANDITに連携されます。
店舗別の売上実績を取込み、店舗別の売上日報が作成されます。
また、商品マスタデータについてもGRANDITとPOSレジへ間でデータ連携・同期処理を行います。

携帯端末を利用した入荷ピッキング処理

携帯端末を利用した入荷ピッキング処理

小売店舗では、一度に多種多量の商品が入荷するため、入荷ピッキング業務を短時間で実施できる必要があります。
携帯端末(バーコードリーダーなど)を利用して、商品情報を読取り、複数の商品をまとめてピッキング、入荷処理・仕入処理をすることが可能です。

先入先出法への対応

先入先出法への対応

店舗で商品販売を行った際、先入先出に基づき在庫の引当を行う場合、在庫評価も先入先出法にて実施します。
GRANDITは標準で先入先出法に対応しているため、先入先出の受払原則に則った在庫評価が可能です。

小売・流通業向けアドオン・テンプレート一覧

失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方