データ連携ソリューション

一覧に戻る

GRANDITと複数の他システム連携を実現する
EAIソリューション(SI EAI for GRANDIT)

GRANDITと他システム間でのデータ入出力が発生する場合、プログラムレスでデータインターフェースを作成します。

SI EAI for GRANDITの特長

データ連携ツールとしての利用

標準的なEAIツールとして以下の連携が可能です。

  • EOS、EDIシステムとの受発注データ連携
  • WMSとの入出荷データの連携など既存経理システム(他社製)との仕訳データ連携
  • SFAとプロスペクト、顧客情報連携 など

マッピング定義

データ移行ツールとしての利用移行プログラムを作成せずに、以下のマッピング定義が可能です。

  • スクリプトの設定仕様書を出力

直感的なGUI操作

アイコンをベースにした直感的な開発、フローチャートのような表現により処理内容の可視化を実現します。

1対1の変換を行うマッパー/複数データの統合を実現するマージマッパー

異なるフォーマットの変換を、項目同士のリンクとロジックアイコンで容易に定義可能です。

失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方

失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方

ERPの導入は、その影響範囲の大きさから失敗する企業が後を絶ちません。

システムインテグレータでは、数多くのERP導入支援の経験やアンケートから失敗するプロジェクトの特徴を把握しています。

今回、特別にその情報をわかりやすい漫画形式のEブックにまとめさせていただきましたので、この機会にぜひダウンロードしてください。

ダウンロード

失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方