輸送機器製造業様向けERPソリューション

一覧に戻る

輸送機器製造業では、顧客先(案件)毎の個別仕様に基づいた自由度の高い手配を行う必要があります。

GRANDITでは受注明細単位に製番登録が行え、製番単位にきめ細かい手配処理、工程管理、原価管理(製番別・受注明細別・案件別)を行うことが可能です。

製番管理

製造案件に手配を行う部品点数が非常に多く、手配のバラツキ抑制やシビアな原価管理が必須要件となります。
GRANDITでは費目単位に製番登録を行い、製番単位での手配処理や原価進捗(予実管理)が行える機能を実装してます。
受注明細を引用した製番登録を行うことにより、製番・受注明細・案件(PJ)毎の原価進捗の確認が可能です。

部品表取込(CAD・PDMとの連携)

CAD・PDM等で作成された部品表を取込み、手配データを生成することが可能です。
また図面番号を付与して標準部品表として取込み・登録も行えます。

自由度の高い手配処理

部品表の外部取込・標準パターン(標準部品表)の取込以外に過去製番の手配実績を取込み、手配入力が行えます。
取込後に一部の手配内容を変更する等の効率的な手配処理が可能です。

共通品の見込生産

共通品に関しては、受注情報なしで製造ロット番号(見込製番)を登録して製造が行えます。

製造完了した時点で共通品倉庫へ倉入れし、保守パーツとして出荷販売を行ったり、受注製番に在庫引当を行い、製造手配することも可能です。

保守メンテナンス管理

据付・設置後の保守メンテナンス管理は、契約台帳に基づいた継続契約管理が可能です。
煩雑になりがちな保守請求や支払業務、保守更新業務などの効率化を実現します。

プロスペクト(案件)管理

GRANDITでは、見積情報を連携したプロスペクト(案件)の情報共有が行えます。
営業部署内での案件進捗管理による販売機会の損失防止や製販一体での情報共有が実現できます。

PSIソリューション資料

PSIソリューション資料

生産・販売・在庫の実績、見込を正確に捉えた生産計画策定をERPで実現! ぜひこの機会にご確認ください。

ダウンロード

新規CTA