食肉加工製造業様向けERPソリューション

一覧に戻る

食品加工製造業では、食品を扱うという性質上、主に賞味期限管理の徹底とトレーサビリティ管理が必須要件となります。

GRANDITでは賞味期限管理に基づいた出荷製品ロットの逆転チェックや、原材料から製品ロットの追跡、製品ロットから使用原材料ロットの追跡といったトレース管理することが可能です。

取引先EDI

取引先からの注文をEDIで受け付けることが多いのですが、GRANDITには標準で取引データの出力/取込を行う機能が実装されています。また、自社内の商品コード/名称と取引先のそれらが異なる場合の変換も行うことができます。
さらに、GRANDITには、Web注文入力や仕入先からのWeb納期回答入力を行うこともできます。

商品ロットと賞味期限の管理

食品業界では、商品の入出荷、在庫管理の業務において「ロット」「賞味期限」の管理が必須になります。GRANDITでは、商品の入出荷(移動)に関して、ロット番号や製造年月日(賞味期限)を設定できます。

出荷商品ロットの逆転チェック

食品業界では、ロット番号や賞味期限の逆転チェックや複数ロットの跨ぎ出荷などをチェックする必要があります。在庫状況の確認や出荷ロット指定において、これらを確認しながら出荷が行えます。

商品のトレーサビリティ(フォワード/バックトレース)

ロット管理された商品は、移動が発生する入出荷(仕入/売上)において相手先(納入先)別のトレーサビリティ管理を行います。また、製造品については、生産管理システムにより、原材料も含めたバック/フォワードトレースを行えます。

商流、物流、金流の帳合取引管理

取引先は、会社と本支店や拠点別の管理が行えるとともに、請求先や納入先、または代理店販売の最終取引先など帳合取引も管理できます。

需給動向に基づく生産管理

販売計画や注文状況、在庫、生産状況などをリアルタイムに確認しながら生産計画を策定し、生産手配を行うことができます。

失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方

失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方

ERPの導入は、その影響範囲の大きさから失敗する企業が後を絶ちません。

システムインテグレータでは、数多くのERP導入支援の経験やアンケートから失敗するプロジェクトの特徴を把握しています。

今回、特別にその情報をわかりやすい漫画形式のEブックにまとめさせていただきましたので、この機会にぜひダウンロードしてください。

失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方

失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方