電気機器製造業様向けERPソリューション

一覧に戻る

電気機器製造業では、カタログ品の製造以外に顧客ニーズに対応した特注品・個別品などの製造にもきめ細かく対応する必要があります。

GRANDITでは、BOMに基づく手配処理に加え、製番別に都度手配処理にも対応できるほか、BTOのような繰返と個別の混在する生産形態にも対応できます。また過剰在庫の抑制する生産計画作成や特急品・飛込み品に対する手配変更などフレキシブルに対応できます。

ハイブリッド生産(繰返と個別の混在)

個別(受注製番)・繰返(見込製番)の生産形態に適したシステム(ハイブリッド生産)を構築する事により、手配・工程管理の効率化を図れます。

【個別生産】個別品・特注品   : 製番別手配入力
【繰返生産】カタログ品・共通品 : 所要量計算

需給調整に基づく生産計画

カタログ品や共通品に関しては、日別の不足数の確認・必要数の入力が行える他、特定の品目を選択し、詳細情報を確認しながら調整入力(計画数の追加)が行えます。

フレキシビリティーな手配変更

生産確定(製番発番)後でも手配先(生産部署・号機・工員など)ごとの負荷状況を確認し、手配先ごとに設定された保有工数(許容量)を超過する場合には、日程変更や手配先変更を行います。

マスタ・設計変更などのメンテナンスのルール化・図面等の共有化

マスタや設計変更メンテナンスが発生した場合は、取込み機能を活用し、品目マスタ・BOMのメンテナンスを効率化させます。
図面や作業手順書等の情報もBOMや標準部品表に添付させ、情報の一元管理・共有化を行います。

製版間での情報共有

設計工程を含め、生産に関連する全ての手配情報を集中管理される事により、全工程(内製・購買・外製)の進捗状況をリアルタイムに共有できます。

失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方

失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方

ERPの導入は、その影響範囲の大きさから失敗する企業が後を絶ちません。

システムインテグレータでは、数多くのERP導入支援の経験やアンケートから失敗するプロジェクトの特徴を把握しています。

今回、特別にその情報をわかりやすい漫画形式のEブックにまとめさせていただきましたので、この機会にぜひダウンロードしてください。

失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方

失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方
失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方

システムインテグレータが数多くのERP導入支援の経験やアンケートから失敗するプロジェクトの特徴をマンガ形式でまとめました。

無料Eブックをダウンロード