プロジェクト型ビジネス業向けERPソリューション

ソフトウェア開発業、Sier、コンサルティング企業、広告制作会社など、顧客から特定の案件などを請け負い、社内もしくはパートナー企業の人材(リソース)を割り当て、受注した案件を遂行していくプロジェクト型ビジネス業では、精度の高いプロジェクト収支管理が必要不可欠です。

一般的なERPでは実現することが困難な、プロジェクトごとの損益予測の精度向上と、リアルタイムなプロジェクト全体の収支管理を実現します。

受注・実行予算 受注・実行予算 受注・実行予算

受注・実行予算

プロジェクト型ビジネス業では、見積作成のための原価見積作成、顧客向け営業見積作成、受注前・受注後の実行予算作成など、ポジションごとにコストや収益率を把握する必要があります。
GRANDITでは、営業見積に紐付けて原価見積を作成したり、受注プロジェクトに紐づけて実行予算を作成するなど、見積作成の省力化とリアルタイムな収益チェックを実現します。

外注管理 外注管理

外注管理

プロジェクト型ビジネス業では、1プロジェクトに対し、多数の外注先・仕入先への発注管理を行います。また、外注先が準委任契約(工数委託)の場合、基本となる「月単価」、不足・超過の基準となる「工数」、不足・超過分の金額を計算するための「時間単価」などの入力も必要となります。

複合取引 複合取引 複合取引

複合取引

IT業界やソフトウェア業界では、ソフトウェアの開発とハードウェアの販売・サービスの提供などを併せて行うような複合取引に対応する必要があります。
GRANDITでは、品目マスタによる物販・役務販売のパラメータ制御(在庫管理する/しない)のほか、費目ごとに原価要素を設定し、材料費、労務費、外注費、経費の4要素で個別原価管理を行えます。

工程別リソース計画 工程別リソース計画 工程別リソース計画

工程別リソース計画

ソフトウェア開発業やSierなどでは、プロジェクトによって人的リソースが変動します。
GRANDITでは、プロジェクト各工程ごとの作業予定期間や予定工数を一覧で確認できます。
また、プロジェクト各工程ごとに作業手配先を指定し、要員ランクや予定工数の登録も可能です。
担当者別にアサイン状況を把握することにより、適切なリソース管理を実現します。

前受金・前渡金 前受金・前渡金

前受金・前渡金

プロジェクト型ビジネス業では、完成までに要する期間が長いため、完成前であっても、途中でその出来高などに応じて金銭が支払われることがあります。
GRANDITではプロジェクトごとの前受金・前渡金の発生状況のほか、当該プロジェクトに紐づく売上(受注)伝票・仕入(発注)伝票をドリルダウンして確認することが可能です。