【大阪開催】「製造業のKKD(経験、勘、度胸)をデジタル化」セミナー

日本のモノづくりを強くする 生産計画・RPAAI活用のポイント

モノづくりの現場において、熟練者の「経験」「勘」「度胸」(KKD)に支えられる業務は未だ数多く存在しています。
 
 ・適切な在庫計画を元にした「生産計画を立案出来る人」が限定される
 ・設備能力、工員のスキルに悩み、過剰な要員計画や過剰在庫に陥る
 ・目視検査工程では、検査員毎に品質のバラつきが生じる など、
 
業務が属人化していたが故に、
急速な少子高齢化による製造現場の人手不足や、熟練者引退による技術継承の問題は、
品質維持や安定操業の面からも重要な経営課題の一つとなっています。
 
これらの問題の解決策として、IoTやAI・RPAと生産管理システムなどを活用した
デジタル技術の導入ポイントを、事例を交えご紹介する注目のセミナーを開催いたします。
 
KKD頼りの業務に頭をお抱えの方、この機会に是非ご参加ください。

イベント詳細

日時
11月12日(火) 14:00~17:00(受付13:30~)
主催

株式会社システムインテグレータ

会場
ブリーゼプラザ 8F 803/804号室 
〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-4-9

アクセス
JR「大阪」駅(桜橋口)、阪神「梅田」駅(西改札口)徒歩5分  
地下鉄四ツ橋線「西梅田」駅 徒歩3分
https://www.breeze-plaza.com/access/
定員
定員:70名(事前申込制)
※申込先着順とさせていただきます。
参加費 無料(※事前申込制)

アジェンダ

14:00~14:10
開始のご挨拶
セッション1
14:10~15:10

製造業のKKD(「経験」「勘」「度胸」)をデジタル化
~製造現場の抱える課題を読み解く~

米中の貿易摩擦や韓国への輸出規制など市況低迷の長期化が見込まれる厳しい世界情勢の中で、日本の製造業において競争激化や労働力の減少を解消するために生産性向上がますます不可欠になっております。これまで日本を支えてきたき製造ノウハウ(職人的なKKD)から脱却し、個人に依存したノウハウをデジタル(IT)化し、業務の高度化や事業の再構築、新規価値の創出する方法(DX:デジタルトランスフォーメーション)について事例に触れながら解説いたします。

株式会社システムインテグレータ
ERP・AI事業部 ERP営業部 担当部長 野村 篤志

15:10~15:30

休憩

セッション2
15:30~16:00

KKDのデジタル化を実現するための基幹システムの役割とは?
~ERPパッケージの活用でKKDのデジタル化に寄与~

製造業のKKD(「経験」「勘」「度胸」)のデジタル化を実現するために、基幹システムがどのような役割を担うことができるか?企業の基幹システムはバックヤード業務を支える基盤としての役割を果たす一方で、そのシステムを活用することでKKDのデジタル化を実現する仕組みを構築することもできます。特に業務データがすべて一元的に管理されるERPパッケージはこの集約されたデータを活用することで、例えばデジタル的な計画業務を実施することも可能になります。本セッションでは、基幹システム(ERPパッケージ)にフォーカスをあて、KKDのデジタル化にシステムとしてどのような寄与ができるのかをご紹介します。

株式会社システムインテグレータ
ERP・AI事業部 EPR営業部 マネージャー 興津 敦

セッション3
16:00~16:30

匠の技術をデジタル化
~製造現場での先進技術(AI・ロボット等)利活用のポイント~

少子高齢化が進む日本の製造業では、単なるコスト競争ではなく、付加価値を創造することが必要とされており、労働集約型のビジネスからの転換が求められています。より生産性を高め、付加価値を創造するためには、デジタル革新によりロボットやIoT(モノのインターネット)、AI(人工知能)など先進的ツールの利活用がますます不可欠になっております。日本を支えてきた製造ノウハウ(職人的なKKD)を先進的ツールを利活用し、デジタル化する方法を事例を通してご紹介いたします。

株式会社システムインテグレータ
ERP・AI事業部 AIソリューション部 部長 西尾 智春

〜17:30 デモ展示


※プログラムは都合により内容が変更する場合がございます。予めご了承ください。

Archive「過去のセミナー・イベント」